ゼラニウム

[監修済] ゼラニウムの不足や過剰摂取に注意しよう

ゼラニウムとは、フローラル系の香りがするハーブであり、ローズのような良い香りのするハーブで、ハーブディーなどに使われます。その効能は幅広く、ホルモンバランスを整えて女性の多くが苦しめられている月経痛や月経前のPMS、そして更年期障害を和らげます。さらに、肌の表面の皮脂量を調整する役割もありますので、美肌にも近づきます。そのようなゼラニウムですが、過剰摂取したり不足したりするとどのようになるのか知っておくとよいでしょう。

ゼラニウムが不足するとどうなるの?

ゼラニウムは、アロマオイルとしてかなりメジャーなものです。ホルモン分泌作用などにより、女性の身体と心のバランスを整えてくれます。女性の身体は知られているとおり毎月の排卵とそれに伴う月経のサイクルがきちんとしています。それは、排卵後に分泌されるホルモン、エストロゲンやプロゲステロンの働きによるものですが、うまく働かないとそれだけでだるさを感じたり、気分まで落ち込んでしまうといった症状が現れます。ホルモンバランスが安定しないと、心が不安定になってイライラしてしまいます。これらのホルモンバランスや月経のリズムには個人差がありますので、もちろん毎月月経痛やPMSなどを感じない人もいますし、更年期を感じない人もいます。ですが、ゼラニウムが不足してしまうと、ホルモンバランスが崩れてしまって、特に更年期障害がひどくなるということも言えます。情緒不安定や前向きになれない、そういったときはゼラニウムに頼ってみるのも一つの方法です。

ゼラニウムが不足しているとむくみやすい?

何をしていてもむくみやすい、そう思う人は少なくありません。しかしながら、ゼラニウムには利尿作用がありますので、身体から毒素を排出してくれます。特に月経前に身体の調子を崩すPMSはむくみから起こるともいわれていますので、その症状を緩和するためにもうれしいことになります。自覚しているにせよ無自覚にせよ、女性の人でむくみを感じている人は少なくありません。朝履いていた靴がむくみによってきつくなったり、体重は重くないのになんとなく太って見える、これは、むくみが原因であることが多いです。そのため、体内から毒素を排出するという働きのあるゼラニウムを積極的に摂取するとよいでしょう。むくみが頭痛につながることもあります。ゼラニウムにはゲラニオールという鎮痛効果のある成分もありますので、むくみによる頭痛にも効くでしょう。

ゼラニウムは過剰摂取するとどうするの?

ゼラニウムは、数あるハーブの中でも副作用が少ないハーブとして知られています。しかしながら、過度な使用は禁物です。ゼラニウムには利尿作用がありますので、過剰摂取すると頻尿になってしまうこともあります。また、過度に使用するとホルモンバランスに影響を与えますので、サプリメントなどで補う場合は適切な量を守り、アロマオイルとして使用する倍は、適切な希釈濃度を守るようにしましょう。ゼラニウムには抗菌・抗炎症・皮膚弾力回復効果があり、アロマオイルとしてスキンケアに利用することもできます。しかしながら、ゼラニウムの効果はとても強いですので、皮膚が弱い人や敏感肌の人などは、必ずパッチテストをしてから行うようにしましょう。そして、普通肌や乾燥肌の人でも、うるおいを手に入れたり炎症を鎮めたりするためにたくさん使用する人がいるかもしれませんが、過剰摂取や過剰な使用は余計に肌荒れをしますのでおすすめできません。

ゼラニウムを摂取してはいけない人とは?

ゼラニウムには大きな副作用はありませんし、女子絵にうれしい作用も多いのであまり摂取してはいけないという人はいません。しかしながら、ゼラニウムは月経に作用を及ぼす成分が多いに含まれていますので、妊娠初期、妊娠3か月程度の人は使わないほうが良いです。安定期に入ると、むしろ妊娠中にむくみやすい身体を改善してくれるでしょう。次に、ほとんどのアロマオイルがそうですが、成長期の子どもや赤ちゃんにはあまりよい影響がありません。特に1歳未満の場合、日本アロマコーディネーター協会によるとアロマオイルを用いてはいけませんので注意が必要です。虫よけ程度の使用ならよいのですが、子供の発育に影響がありますので、子どもにもあまりよくありません。どうしても使用する場合は、8歳から14歳の子どもには使用する量を半分にするとよいでしょう。

「ゼラニウムの不足や過剰摂取に注意しよう」のまとめ

ゼラニウムは、バラのような良い香りがするハーブの一種であり、その効能はとても広く月経痛やPMS,更年期障害など女性ならではの症状を改善してくれることで知られています。不足するとホルモンのバランスが崩れたり、むくみやすくなります。一方で過剰摂取をすると皮膚にも良くありませんし、かえって皮膚荒れを招くことにもなりかねませんので注意が必要です。月経に影響を及ぼしますので、妊娠初期の人は使用を控えます。

関連記事

  1. [監修済] 腸内改善でおなじみのブルガリア菌の不足と過剰摂取によ…
  2. [監修済] カリウムが不足するとどうなる?意外と知られていないカ…
  3. [監修済] 気になるナイアシンの不足によって起こる体の不調
  4. [監修済] カプサイシンの不足と過剰摂取のデメリット 
  5. [監修済] 鉄分でおなじみのプルーンの不足による影響と過剰摂取に…
  6. [監修済] いちじくの栄養不足と過剰摂取のデメリット 
  7. [監修済] イチョウ葉エキスによる成分不足と過剰摂取の関係 
  8. [監修済] 健康にいい大麦の不足と過剰摂取による影響について

ピックアップ記事

カテゴリー

PAGE TOP