コレステロール

[監修済] サポニンが病気と関連の深いコレステロールを減少させることについて

脳梗塞や心筋梗塞、動脈硬化など様々な成人病や生活習慣病の原因になるといわれるコレステロールとはどのようなものか、またサポニンはコレステロールにどのように作用するのかについてみてみましょう。

コレステロールについて

健康診断の際にその数値が気になるコレステロールは数値が高いと悪いことばかりのように思われていますが、コレステロールそのものは生命を維持するのにも用いられる大切な物質なのです。善玉コレステロールといわれる高比重リポタンパクは動脈硬化を防ぎ健康を維持するために重要な物資であり、ほかにも肝臓から筋肉にエネルギー源を供給する超低比重リポタンパクなどのコレステロールも存在します。

中間比重リポタンパクは健康を害する物質といわれていますが、代謝などに問題がない方であればすぐに消滅するため問題はありません。問題となってくるのが悪玉コレステロールの代表格、低比重リボタンパクで心臓や血管に様々な悪影響を与え様々な病気を引き起こす原因になるとして恐れられています。もちろん悪玉コレステロールは少量であっても人の体に存在しています。問題となるのは悪玉コレステロールが血液のなかで上昇してしまった時です。なんの対処もしないと生活習慣病や成人病を引き起こしてしまう原因となってしまうので注意が必要です。

悪玉コレステロールが増えると

悪玉コレステロールが増えると「高コレステロール血症」という症状がでる可能性があります。これは悪玉コレステロールの血中濃度の上昇だけでなく酸化された悪玉コレステロールの濃度が上がってしまう状態のことをいいます。血管に留まりながら血管壁を硬化させていく原因となり、様々な病気を引き起こす原因となってしまいます。よく細胞が錆びると表現されるように活性酸素の影響を受けやすくなり脂質が分解されずに蓄積されてしまいさらに悪玉コレステロールが増えるという悪循環に陥りやすくなります。

悪玉コレステロールの血中濃度が上がるということは血液がドロドロになってしまうということなので体の隅々まで届けられなければならない酸素や栄養分が行き渡らなくなり細胞の活性化が阻害されることになります。様々な病気を引き起こす原因となるだけでなくアンチエイジング機能が働かなくなって老化を早めてしまうことにもつながります。食事に気を遣って健康的な生活を心がけているだけでは善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを減らすということは難しいのでコレステロールをコントロールしてくれる栄養素を積極的に摂取することが必要となります。

サポニンがコレステロールに作用

日頃から食べる量が多い、炭水化物や糖質を摂取し過ぎる、肉食や脂が多い食事を好む、ストレスが多い、など様々なことが原因となって悪玉コレステロールが増えてしまいます。毎回の健康診断で数値が高い状況が続く人は、食生活や運動だけでコレステロールを平常値に戻すのは難しいでしょう。そんな時にオススメの栄養素がサポニンです。サポニンは、体内の悪玉レステロール値を低下させてくれるとともに脂質やコレステロールが酸化してしまうのを抑制する抗酸化作用があります。

不摂生を長く続けてきたことが理由で悪玉コレステロールが増えてしまった人は少々の生活改善では正常値に戻すことは難しく積極的にサポニンを摂取していく必要があるといえるでしょう。大豆やアマチャヅル、高麗人参などに多く含まれていますが摂取カロリーや手軽さのことを考えると食品からのみの摂取は難しくサプリメントを上手に活用していく方がおすすめです。コレステロール値だけでなく若々しく健康な生活を送ることができるようになる可能性があるので継続的に摂取するといいでしょう。

サポニンの摂取について

サポニンを含む食品として手軽で安心して食べられるものに大豆サポニンを含む高野豆腐があります。サポニン含有率がとても高く煮物などでおいしく食べられます。ほかにも、大豆やがんもどき、油揚げやおから、豆乳やゆばなど大豆加工食品全般がおすすめで高タンパク低カロリーであることも魅力といえるでしょう。サポニンを多く含んでいる大豆やごぼうは食品としてそのまま食べるよりも煮たり蒸したりしてその煮汁を飲むと効果的に摂取することができます。

サポニンは一日の摂取量の目安が100㎎程度といわれていますが、植物に含まれる安全性の高い栄養分として多少摂り過ぎても問題はないといえるでしょう。ただし、どんな栄養素でも過剰摂取は体に負担をかける原因となり、サポニンの場合でも吐き気をもよおしたり、赤血球の膜を溶かしたりということにもなりかねないので適量摂取に留意することが大切です。食品から適量を継続的に摂取するのが難しい場合はサプリメントを活用するのもいいでしょう。

「サポニンが病気と関連の深いコレステロールを減少させることについて」のまとめ

様々な病気の原因となる悪玉コレステロールが増えると細胞が活性酸素で老化してしまい健康な生活が維持できなくなります。サポニンには悪玉コレステロール値を下げる働きがあるので積極的に摂取しましょう。

関連記事

  1. ウコンを飲む効果的なタイミングは?【過剰摂取には注意!】
  2. [監修済] サポニンと免疫力の関係は?
  3. [監修済] 天然の界面活性剤とも言われるサポニンによる血行促進効…
  4. オレイン酸が持つ効能や働きについて【摂り入れるメリット】
  5. ヤーコンはダイエットにも良い健康食品【効果的な摂り方】
  6. [監修済] サポニンが肥満予防に効くのは本当?
  7. テアフラビンは紅茶に多く含まれる【健康に良い効果がたくさん】
  8. タウリンは疲労回復効果あり!【副作用なしで風邪や脂肪肝予防にも】…

ピックアップ記事

カテゴリー

PAGE TOP