EMR

筋肉をつけたいならプロテインとEMR【筋力維持にもおススメ】

筋肉をつけたいと願う人の多くが摂り入れているのがプロテインです。プロテインは”protein”と表記される「タンパク質」を意味する英語です。筋肉はタンパク質が元となってできているので、タンパク質は筋肉をつけたい人には欠かせない栄養素です。そして、最近発見された、筋肉に効果のある物質がEMRです。EMRには強い抗酸化作用があり、筋肉負荷をかけても筋肉が分解されずに筋肉量を維持することで注目されています。筋力トレーニングで筋肉をつけたいと思う人は知っておくとよいでしょう。

タンパク質はなぜ筋肉づくりに必要なの?

プロテインは本来はタンパク質という意味ですが、大豆や牛乳などから人工的につくられるタンパク質の栄養補助食品として認識されています。プロテインは筋肉をつけるのに効率が良いことでも知られており、さまざまな味・バリエーションのプロテインが販売されています。

また、プロテイン筋力トレーニングだけでなく、ダイエットやスポーツにも利用されています。プロテインは人工的に作り出したタンパク質ですが、プロテインが体に入ってもすぐにタンパク質から筋肉が作られるわけではありません。タンパク質はアミノ酸の組み合わせでできていますが、プロテインが体内に摂取されるとアミノ酸に分解され、そのアミノ酸が血液で筋肉へ届いてタンパク質に再合成されて新たな筋肉になるのです。

ですので、プロテインを摂取してから一定の時間をおいて筋力トレーニングをすると、よりプロテインの効果を実感することができます。もちろん、肉や大豆製品、牛乳などタンパク質を豊富に含む食品から摂取するのもよいですが、プロテインは分解されやすく、そして筋肉に合成されやすいように加工されていますので、より効率的に筋肉を作り出すことができます。

筋トレによい!EMRとプロテインの関係とは?

せっかく筋トレをしても、筋肉は分解されてしまうことがあります。そのため、太い筋肉をつけようとするのは一朝一夕ではうまくいかないのが普通です。そのような際、筋肉の分解を防いでより太い筋肉を作るのに役立つ成分がEMRです。

EMR

  • 酵素処理ルチン
  • 糖転移ルチン

とも呼ばれます。EMRは、柑橘類やそばなどをはじめとして自然界に広く存在するルチンを酵素処理して水溶性を高めた抗酸化力が非常に高いポリフェノールの一種です。

ルチンの効能についてはこちら⇒ルチンの効能と効果

EMRはルチンの抗酸化作用をそのままに、水に溶けやすく、そして、体に吸収されやすく加工されたものです。ルチンはほとんど水に溶けないため摂取してもうまく働きませんが、EMRに加工することでルチンの47倍もの体内利用率を誇ります。

プロテインで作った筋肉を維持・補強するもの、それがEMRというわけです。このEMRが今、筋肉維持に大きく注目されています。

EMRの働きについてはこちら⇒EMRの驚きの効果

筋力維持!EMRの驚くべき効果とは?

プロテインの効果は、一言で言うと筋肉を作る元になることです。一方のEMRの効果を一言でいうと、筋肉の分解を防ぐということです。筋トレは筋肉に負荷をかけて行うものですが、その負荷がかかる際に炎症を起こしてしまいます。炎症によって発生した活性酸素が細胞を傷つけることで筋肉が分解されてしまいますので、せっかくつけた筋肉がまた分解されることになります。

筋トレを行ったときのアイシングには、その筋肉の分解を最小限にとどめるという目的があります。EMRの優れたところは、非常に高い抗酸化作用で筋肉を破壊する活性酸素の働きを抑えてくれるところにあります。ちなみに活性酸素は老化やさまざまな病気の原因と言われており、この活性酸素をいかに除去するかが健康美容の面での課題となっています。

EMRを摂り入れると、活性酸素の動きを抑えて作り出した筋肉・筋力がそのまま維持されるようになります。このことは動物実験でも検証されています。

プロテインとEMRの摂取について

EMRは、もちろん筋トレの成果を出したい人に有効です。最近では、EMRが配合されたプロテインがサプリメントなどで販売されています。食事でもルチン自体は摂取できるのですが、食品に入っているルチンは水溶性ではありませんので体になかなか吸収されません。ですので、EMRを摂取しようと思うのでしたら、サプリメントなどに頼るしかありません。そういった意味でEMRの配合されたプロテインを摂取することは、プロテインとEMRを同時に摂取できるのでお勧めです。

最近では、ビタミンやミネラルといった、筋肉の合成に直接必要がなくてもアミノ酸の働きを助ける成分などが配合されているプロテインもありますので、しっかりと選ぶとよいでしょう。

筋肉をつけたいならプロテインとEMR【筋力維持にもおススメ】のまとめ

プロテインはタンパク質を人工的に作り出したもので、分解や合成をしやすくしており筋肉を作り出す役割を果たします。一方、EMRは最近注目されている成分ですが、活性酸素の働きを抑制するため、筋トレをした後にその筋肉が活性酸素により分解されてしまうことを防ぎ、筋肉肥大をなしとげるために効果的なものです。最近では、EMRやそのほか必要な栄養素が配合されたプロテインもありますので、利用してみるとよいでしょう。

関連記事

  1. ロイシンは筋肉の働きに欠かせない【肝機能もサポートする必須アミノ…
  2. EAAの効能と効果【効率よく筋肉をつける】
  3. [監修済] しなやかで美しい筋肉を身につけるために大事なナトリウ…
  4. HMBの優れた働き!【効果的に筋力をつける】
  5. アミノ酸EAAとBCAAの違い【どちらも筋肉増強に必要】
  6. HMBの効果的な摂取方法【筋力UPに有効な栄養素】
  7. ロイシンの食品での摂り方【筋肉増強のお供!】
  8. オクタコサノールで持久力を高めよう!【渡り鳥のスタミナの源】

ピックアップ記事

  1. 豆乳と大豆

カテゴリー

PAGE TOP