アレルギー

ケルセチンの効果はアレルギー改善!【副作用もなく花粉症に良い?】

ケルセチンには花粉症などのアレルギー改善、アトピーなどの抗炎症作用などが主な効果としてあります。ケルセチンの特徴として副作用がなく、玉ねぎに多く含まれているので安心して摂取することができます。ケルセチンを効果的に摂取するには玉ねぎの外皮をうまく調理するのが良いのですが、なかなか難しいかもしれませんね。ケルセチンはりんごやブロッコリーにも含まれていますが、効果的に摂取したい場合はサプリメントがおすすめです。効果を感じるまでには時間がかかるので花粉症が起きる前から継続的に摂取しておきましょう。

ケルセチンの効果とは?

かなり有名な成分の一つで健康維持のためにも必要としているのがケルセチンになります。このケルセチンは玉葱の皮などに多く含まれている成分になっていて、血液に関してかなり良い効果を発揮してくれます。実はポリフェノールの一種でもあります。ケルセチンを摂取することで、血液がサラサラになってくれて血流を改善、動脈硬化そして心臓病などの生活習慣病を予防することが出来ます。

Fotolia_69871819_XS-min

さらに、抗ヒスタミンの効果もありますので、アレルギー体質の改善の期待もできるようになっています。

Fotolia_48887625_XS-min
もう一つ女性の方にかなり嬉しい効果としているのがダイエットです。

Fotolia_66573075_XS-min

ケルセチンはビタミンCの吸収を助けてくれる効果があり、さらに脂肪の排出する効果や、腸内の脂肪吸収を阻害する効果もあります。色々と嬉しい効果が期待できるのがケルセチンなので、サプリメントとしてかなりオススメできます。

そもそもポリフェノールとは?

最近耳にすることの多いポリフェノールですが、このポリフェノールとは

ほとんどすべての植物に含まれる、植物特有の色素や苦み・渋み成分

を総称したものです。その種類は5000を超えるともいわれています。

ポリフェノールにはこんなにもの種類が!⇒ポリフェノールの驚きの種類!

ケルセチンの副作用は?

サプリメントや薬など服用するものに関して一番気になってきてしまうのが副作用になります。これは健康に良いとしているケルセチンでも同様、服用する場合どのような副作用が出てしまうかが気になります。ではケルセチンはどのような副作用を持っているのでしょうか。ケルセチンは今現在のことですが副作用が出たという確認がされていません。但し、どんどん服用して過剰摂取したとしても大丈夫というわけではなく、多少なりと危険性がでてきてしまいます。腹痛になったり下痢になったりなど、摂取したことによって発生する副作用は当然考えないといけません。

Fotolia_59656491_XS-min

ですので、まずは適切な量で摂取することが大事で、そうしていれば副作用の心配がなくなります。

摂取量はどれくらい?

ダイエットを目的としている時でも、健康を目的としている時でもケルセチンをどのぐらい摂取すれば良いのかが一番重要で気になります。ケルセチンはどのくらい摂取すればよいのかというと、大体ですが1日で25mg程度になっています。これ以上摂取したとしてもよいのですが、ただしこれ以上摂取しても意味が無いことが多いです。まずこのケルセチンは必要としていない分は排出されてしまうようになります。

なので、多く摂取したとしても無駄にしてしまうほうが多くなってしまいますので、25mg程度がオススメになります。多く摂取する分には問題ないのですが、かなり少なく欠乏してしまうのはかなりの問題です。欠乏するとアレルギーの症状が強くなってしまったりそして出てしまったりなどの症状が出ます。なので欠乏させないためにも毎日ある程度のケルセチンを摂取していきましょう。

含まれる食品は?

ケルセチンはサプリメントでも有名なのですが、食品でもしっかりと摂取できるとしても有名です。ではどのような食品にケルセチンが含まれているのでしょうか。ケルセチンが含まれているとしてかなり知られているのが玉ねぎになります。玉ねぎの外皮にかなり豊富に含まれているのがこのケルセチンで、外皮をうまく調理して食べるのがオススメです。

tamanegi02-min

玉ねぎだけでなく、リンゴサニーレタスそしてブロッコリーにもこのケルセチンが含まれています。

りんごを食べる女性

どれもそこまで抵抗なく食べられますので、その日によって食べるものを変えていけば飽きることなく食品で毎日ケルセチンが摂取できます。ただどうしてもその日食べる物にケルセチンがほとんど含まれていない場合がでてきてしまいます。その時にはケルセチンのサプリメントを飲むようにして補ってあげる方法が一番のオススメになります。

おすすめサプリはコレ!

あのハウスが長年の研究により玉ねぎの有用成分を凝縮することに成功したハウス独自の技術で開発した玉ねぎサプリメント!

是非お試しください。

バナー原稿imp

花粉症対策に!

花粉症の予防に効果を発揮してくれるのがケルセチンになります。

Fotolia_53105319_XS-min

なぜケルセチンが花粉症予防の効果を発揮してくれるかというと、それはこのケルセチンは抗炎症の作用があるからです。アレルギーはその物質によって炎症の反応を起こしています。炎症を抑えることができればアレルギーに対して強くなってくれるので、アレルギー改善の効果があります。花粉症もアレルギーの一つとしているので、もちろん効果を期待できます。花粉症になっていると毎年本当につらい思いをしなければいけません。

Fotolia_62762259_XS-min

どうしても辛い何とかしたいと考えているのでしたら、このケルセチンをサプリメントなどで摂取して補っていくようにしましょう。個人差はありますが、花粉症を改善できるかもしれません。

アトピーの改善にも?

ケルセチンは花粉症だけではなくアトピーの改善にも効果を発揮してくれます。なぜアトピーに効果があるのかというと、これは花粉症同様で炎症を抑えてくれる効果があるからです。花粉症もそしてアトピーも炎症反応が出てしまっていることで症状が出てしまいます。この炎症を内部から抑えることができると改善していきます。内部から抑えることができるのがケルセチンで、ケルセチンには抗炎症作用があります。これによって、アトピーが完全までいかないかもしれないのですが、症状を緩和することが出来ます。当然個人差があり、あまり改善しない場合もありますが、まずは根気よく続けていくことがオススメになります。ケルセチンは食品でもしっかりと摂取できますし、サプリメントでも補うことが出来ますので、いろんな方法でケルセチンを摂取していきましょう。

ダイエットに効果的?

ケルセチンはアレルギーに対しても良いですし、動脈硬化や生活習慣病にも効果を発揮してくれるとても良い成分です。健康だけでなくダイエットにもかなり効果を期待できるのがこのケルセチンになります。

Fotolia_43667383_XS-min

ケルセチンには、脂肪の吸収を抑制する効果があります。脂肪吸収の抑制すると肝臓の働き自体よくなってくれて、脂肪燃焼効率をより高めてくれるようになります。

Fotolia_52819285_XS-min

太りにくくなるだけではなくて、痩せていく体にもしてくれるのがこのケルセチンです。ダイエットを目的としている場合、食品よりもサプリメントで摂取するのがより効果的と言えます。ただし、絶対に痩せるわけではなく、食べている量そしてカロリーなどが多ければ当然痩せていきません。

Fotolia_68858415_XS-min

ケルセチンだけでなく自分の生活習慣もしっかりと改善をしていきダイエットできるように頑張りましょう。

ケルセチンの効果はアレルギー改善!【副作用もなく花粉症に良い?】のまとめ

玉ねぎに含まれているケルセチンですが副作用がないので、花粉症や炎症に悩んでいる方はサプリなどで摂取してみても良いかもしれません。

関連記事

  1. クロロゲン酸で脂肪を燃焼!【コーヒーやサプリで手軽に摂取】
  2. 烏龍茶で生活習慣病予防!【効果のある成分は?】
  3. カモミール ハーブティー カモミールのさまざまな効能と効果!【鎮痛、リラックス効果がうれし…
  4. ガセリ菌の効能と効果とは?【脳にもよい効果が】
  5. キャベジン(ビタミンU)の効能と働き【飲みすぎ食べすぎに効く!】…
  6. マンガンの健康に寄与する効能と効果【微量ミネラルといって侮れない…
  7. [監修済] 大豆イソフラボンは生活習慣病予防に優れている 
  8. アスタキサンチンの摂取量と効果は?【鮭を食べて老化防止】

ピックアップ記事

カテゴリー

PAGE TOP