ショウガオール

生姜に含まれるポリフェノールは?【その効能と効果】

生姜はポカポカ食材としても知られていて、食べると体が温まります。食材としても取り入れやすく、薬味としてもよく使われています。様々な健康効果が期待できる生姜は、生姜エキスとして取り入れる事もできます。生姜エキスの効果や摂り方を紹介します。

生姜エキスの有効成分

生姜エキスはその名の通り、生姜のエキスです。日本では薬味として使う事が多く、身体を温める作用のある食材としてもよく知られていますが、ハーブの一種でもあります。漢方薬の材料として、中国でも昔から使われていましたし、中華料理にもよく使われます。生姜に含まれる成分は健康維持に役立つ物が多く、その中には美容面でもメリットとなるものが含まれます。

生姜から抽出する生姜エキスには、有効成分のジンゲロールが含まれています。このジンゲロールを加熱または乾燥させるとショウガオールになります。このジンゲロールとショウガオールは共にポリフェノールの1種です。

食材として生姜を食べる事でも摂取できますし、漢方やサプリメント、粉末状の物からも摂取できます。生のままでも食べられますが、蒸したり乾燥させたりする事で、有効成分がアップするので、目的に応じて使い分ける事ができます。

そもそもポリフェノールとは?

最近耳にすることの多いポリフェノールですが、このポリフェノールとは

ほとんどすべての植物に含まれる、植物特有の色素や苦み・渋み成分

を総称したものです。その種類は5000を超えるともいわれています。

ポリフェノールにはこんなにもの種類が!⇒ポリフェノールの驚きの種類!

生姜エキスの効果や効能

生姜エキスには、健康維持に役立つ成分がいくつか含まれています。成分ごとに期待できる効果を紹介します。

寿司屋に行くと出てくるガリは、生姜を甘酢漬けにした物です。寿司屋にガリが欠かせないのは、生姜に含まれるジンゲロールという成分に高い菌作用があるからです。寿司は生の魚を食べるので、食中毒を防ぐために、寿司と一緒にガリを出すのです。酢飯やわさびにも殺菌作用がありますが、ガリは口の中をさっぱりさせたり、食欲増進効果もあります。

寿司

生姜には独特の辛味があります。これはジンゲロンという成分が含まれているからです。ジンゲロンには、唾液のジアスターゼ作用と言って、酵素により消化を促進する作用があります。ジンゲロールやショウガオールには、代謝を促進させ体を温める作用もあります。こうして見ると、生姜エキスには健康効果が期待できる成分が豊富に含まれている事がわかります。

生姜を食べれば免疫力が上がるの?

生姜エキスには免疫力を高める効果も期待できます。これは生姜を食べても、生姜エキスを摂取しても得られる効果です。免疫力を高めるのはジンゲロールという成分です。ジンゲロールには他にも健康維持に役立つ作用がありますが、白血球を増やし免疫力を高める働きがあります。病気や風邪で体力が低下している時は、免疫力も下がっています。

この時生姜を使った料理や、生姜エキスを摂る事で体が温まり、免疫力を高める効果も期待できます。弱っている時は胃腸の働きも低下していますが、生姜エキスには胃腸の働きをサポートする効果も期待できるので、風邪や病気の時に生姜エキスを取り入れるのは理にかなっているのです。

ジンゲロールには免疫力を高める以外にも、

  • 胆汁の分泌を促す作用
  • 抗炎症作用

があるので、体調が悪い時には万能薬となってくれます。生姜エキスはサプリメントからも摂取できますし、生姜をすりおろした物をお茶に入れたり、そのまま食べたりしても摂取できます。

寒い季節は気温が低く体温も低下します。体温の低下は、免疫力を下げる原因となるので、寒い季節は生姜エキスを積極的に取り入れるのがおすすめです。

冷え性

生姜エキスの副作用や過剰摂取について

生姜エキスを摂る場合は、副作用や過剰摂取のリスクも考えておきましょう。健康成分も豊富に含まれていますが、体にいいからと過剰摂取すると、逆効果になります。

〇 ×

免疫力を高める作用は病気予防にも役立ちますが、胃が荒れている時に生姜をたくさん食べると、刺激を与えかえって胃に負担をかける事があります。生姜エキスで摂る場合は、濃縮されているのでその分刺激も強くなるけいこうがあるので注意してください。胃が丈夫な方は適量なら直接生姜を食べても、サプリメントから生姜エキスを摂取しても問題ありませんが、胃が弱い方や胃が弱っている時は、過剰摂取はもちろん、摂取量も調整します。

サプリメントから摂取する場合は、1日の目安を守っていれば過剰摂取になる事はありません。生の生姜を食べる場合は、1日に10gが目安です。薬味として使う場合はすりおろしたり、みじん切りにしたりしますが、この場合は小さじ1杯程度です。

サプリメントから摂る時は、自分のタイミングで自由に摂る事ができます。すりおろしたり、みじん切りにしたりして食べる場合は、長時間放置しておくと成分が損なわれてしまいます。食べる直前や料理する直前に使うのがおすすめです。生姜は熱に強い反面、低温には弱いです。生姜を保管する時は冷蔵庫には入れず、常温で保管しましょう。

生姜にはこんなうれしい効能も!⇒生姜のポリフェノールでダイエット!

生姜に含まれるポリフェノールは?【その効能と効果】のまとめ

生姜エキスには体を温めるだけでなく、他にもいくつかの健康効果が期待できます。生姜を食べてもいいですし、生姜から抽出した生姜エキスにも健康成分が含まれているので、自分にとって取り入れやすい方法を選べます。

関連記事

  1. オリゴ乳酸は天然由来なので安心!【腸内環境を整える強い味方】
  2. キャベジンは胃腸に嬉しい栄養素【含まれる食品とその摂り方】
  3. βカロテンの妊娠中の摂取量【摂り過ぎに要注意!】
  4. フェカリス菌は便秘と花粉症に効くの?【うれしい効き目がたくさん】…
  5. 生姜エキスで美肌になる!【肌トラブル対策におススメ】
  6. オリゴ乳酸はアンチエイジング効果も期待できる【腸内環境がキーポイ…
  7. [監修済] 女性の果実とも呼ばれるザクロが美肌と深い関係があるこ…
  8. キャッツクローをお茶で摂る【驚きの効能・効果】

ピックアップ記事

  1. 〇 ×

カテゴリー

PAGE TOP