ラクトトリペプチド

[監修済] 乳酸飲料の開発途中に発見されたラクトトリペプチドの働きや効能について

アミノ酸の結合体であるラクトトリペプチドは乳酸飲料を開発、研究する過程において発見された栄養成分です。若返りが期待できる年齢ペプチドとも呼ばれるラクトトリペプチドの働きや効能について考えます。

ラクトトリペプチドの特徴

ラクトトリペプチドは2個以上のアミノ酸が結合した化合物であるペプチドの一種で、3個のアミノ酸が結合した構造の有効成分です。ペプチドという言葉はよく聞きますが概念として、アミノ酸が50個以上結合した物がタンパク質、それに満たない化合物を一般的にペプチドということを覚えておきましょう。ラクトトリペプチドには、VPPと呼ばれる、バリン・プロリン・プロリンが結合したものとIPPと呼ばれる、イソロイシン・プロリン・プロリンが結合したものの2種類があることが知られています。

ラクトトリペプチドはヨーグルトなどの発酵乳から得られるペプチドですが、乳酸菌飲料を開発、販売する会社が保有する独自の乳酸菌であるラクトバチルス・ヘルベティカスの働きによって牛乳に含まれるたんぱく質から生み出された天然成分です。乳酸菌飲料をつくる過程で発見された成分であるため乳酸菌の一種と勘違いされている方も多いようですが、アミノ酸の結合体です。ラクトトリペプチドは、体の内側から若々しくしなやかに保つ効能があるとして「年齢ペプチド」とも呼ばれています。

ラクトトリペプチドと血管

酸素や栄養分を体の隅々に運搬するとともに老廃物を排出する血液を滞ることなく循環させる大切な働きを担っている血管は健康と重要な関わりがあります。血管の状態を知るための方法として血圧測定があります。病院でよく「上が○○、下が○○」と数値をいわれますが、血圧には収縮期血圧である上の血圧と拡張期血圧である下の血圧のことになります。これに加えて収縮期血圧と拡張期血圧の差である脈圧や平均血圧を測ることも重要です。生活習慣病や血管疾病などを発見するにはこれらについて定期的に計測することが必要です。

末梢の毛細血管で動脈硬化が進むと平均血圧が上がり、同様の状態が心臓近くの太い血管で起こると脈圧が大きくなります。ラクトトリペプチドには、血圧上昇の働きをするアンギオテンシン変換酵素を阻害し血圧を下げたり、血管内皮細胞に働きかけて血管の拡張及び血流改善を促す一酸化窒素の分泌を促進したりする効能があることがわかっています。血管を内側から柔らかくしなやかに保つ効能が期待できるため、ラクトトリペプチドが年齢ペプチドとも呼ばれているのでしょう。

ラクトトリペプチドと血圧

ラクトトリペプチドは血管を柔らかくしなやかに保ってくれるととともに高血圧の方にもおすすめです。これまでに様々な臨床試験が行われていますが、ある試験では高血圧の症状がある方にラクトトリペプチドを含んだ飲料を継続的に摂取してもらったところ、2週間目には収縮期血圧でおよそ10mmHg、拡張期血圧でおよそ5mmHg低下し、その後も穏やかな低下がみられたという結果が得られています。薬ではなく子どもでも安心して飲める飲料でこのような結果が出ることは驚きといえるでしょう。

これはラクトトリペプチドが、血圧上昇に深く関わりのあるアンジオテンシン変換酵素の働きを阻害するためです。アンジオテンシン変換酵素は血圧を上昇させるだけでなく血圧を下げるのに有効な物質を破壊する働きもあり厄介なものなのですが、ラクトトリペプチドは両方に作用して阻害するため血圧が上昇するのを抑制することができるのです。血管壁を軟化させる働きとともに血圧を下げる効能もあるため、特に中高年の方の突然の健康リスクを軽減するのにはピッタリといえるでしょう。

ラクトトリペプチドの整腸作用

ラクトトリペプチドは乳酸菌で発酵した発酵乳のなかから発見されたペプチドでLTPと略されることもあります。乳酸菌ラクトバチルス・ヘルベティカスからつくられた酵素が発酵してできた天然成分であるため安全も高く子どもから大人まで安心して摂取することができます。また、ラクトトリペプチドは胃で消化、分解されることなく腸まで生きたまま届くので整腸作用が期待できます。

乳酸菌そのものではないためそれほど多くの善玉菌を増やす働きはないかもしれませんが、乳酸菌の栄養分となることで腸内環境の改善に寄与します。乳酸菌飲料と一緒に摂取することがさらなる効果が期待できることでしょう。飲料だけでなくサプリメントとしても補給することが可能であるため乳酸菌サプリとの相乗効果で腸を整えるのにもピッタリです。血圧や血管への効能を目的とするのであれば継続的な摂取が望ましいでしょうが整腸作用であれば便秘が続く時などにピンポイントで摂取するのがおすすめです。

「乳酸飲料の開発途中に発見されたラクトトリペプチドの働きや効能について」のまとめ

ラクトトリペプチドは乳酸菌の一種からつくられた酵素が発酵してできた天然成分であり、血圧降下や血管の若返りに働きや効能が期待できる年齢ペプチドとも呼ばれており、整腸作用にも効果があります。

関連記事

  1. [監修済] エクオールってどんな成分?働きや効能は?
  2. [監修済] 大豆や卵黄に含まれるレシチンの健康や美容への働きや効…
  3. [監修済] 最近注目されている不飽和脂肪酸の働きと効能
  4. [監修済] ダイエットに最適なレジスタントスターチの働きと効能
  5. [監修済] 人の初乳に多く含まれているというラクトフェリンの働き…
  6. ヘスペリジンの驚くべき効能と効果【ビタミンPと呼ばれるポリフェノ…
  7. [監修済] 甘味料としての働きをもつソルビトールには効能がいっぱ…
  8. [監修済] サルビアの働きと効能を教えて!

ピックアップ記事

カテゴリー

PAGE TOP