乳糖

[監修済] 食品にも含まれる乳糖の持つ主な働きについて

乳糖は糖類の一種で腸によく、エネルギーとしても役立ちます。食品にも含まれる乳糖の主な働きとはどのようなものでしょうか。また摂取はどのようにしていくのが望ましいのでしょうか。

赤ちゃんにとってエネルギーとしての働きがある乳糖

乳糖は2糖類に分類される糖類ですが、母乳や牛乳に含まれている物質です。甘さとしては砂糖よりもずっと少ないのが特徴です。乳糖は赤ちゃんにとっては必要な栄養素でもあるのです。乳糖はエネルギーとしての働きがあります。糖類の一種なので体内で燃焼されるとエネルギーになります。母乳に多く含まれており、赤ちゃんが母乳を飲むことで乳糖を摂取することになります。それによって赤ちゃんの体内で乳糖が燃焼されエネルギーとして働くのです。成長著しい赤ちゃんにとっては大切な栄養素ですが、実は大人にとっては乳糖は分解しにくいものでもあるのです。

乳糖を多く含む食品では牛乳があります。しかし牛乳は大人になると、人によってはおなかがゴロゴロしたり下痢をしてしまうことがあるものです。これは大人になると乳糖を分解する能力が低下するためです。そのため乳糖は赤ちゃんの時期には必要なものであって、大人になると乳糖は不要なものになると思われがちです。しかし大人になっても乳糖は必要なものなので、工夫をして乳糖を取り入れることが大切です。牛乳で下痢をしてしまうような方の場合、乳糖があらかじめ分解されたヨーグルトを食べれば下痢をする心配もありません。またナチュラルチーズも乳糖が分解されているので大人の方でも安心して食べることができます。

乳糖の主な働きについて

乳糖は赤ちゃんにとってはエネルギーとなりますが、大人にとっては腸内で乳酸菌の栄養素となります。そのため、腸の働きをよくしていくためには乳酸菌を摂るだけではなく乳糖も同じように取り入れていくようにしなければなりません。乳酸菌は腸内に生息する善玉菌であり、善玉菌の働きが活発なほど腸内環境が良くなります。便秘などトラブルを引き起こしているのは腸内環境が悪いためです。ですから便秘などがなく、健康な腸にしていくためには乳酸菌が元気に働くことが大切で、乳酸菌の餌となる乳糖を毎日きちんと入れていく必要があります。

乳酸菌の働きを高めるための乳糖ですが、赤ちゃんにとっては母乳を通すので特に困難ではないものですが、大人にとっては乳糖の分解能力が低下しているためになかなか難しいものです。デリケートな方の場合、一般に下痢をしにくいヨーグルトであっても下痢をしてしまうこともあります。そんな場合には他の方法を採用していく必要があります。また乳糖だけではなく乳酸菌を補っていくことも忘れずに実行するしなければなりません。乳酸菌については乳酸菌飲料が下痢の心配もないので誰でも安心して活用することができます。

乳糖の働きを得るためのサプリメント

乳糖は大人にとって補給することが難しいものです。他の栄養素とは異なっており、下痢をしやすいという特徴を持っているからです。腸内環境を整えるために乳糖も毎日のように取り入れていく必要があります。特に牛乳では下痢をしない方であれば問題なく乳糖を簡単に取り入れていくことができるものですが、乳糖があらかじめ分解されたヨーグルトであっても下痢をしてしまうような場合、サプリメントを活用していくといいでしょう。

乳糖を多く含んだサプリメントであれば取り入れても下痢をする心配がありません。乳糖を毎日摂ろうと思っても乳製品が苦手な方の場合、非常に難しいものです。そんな方こそサプリメントで気軽に乳糖を摂取していくことをお勧めします。また仕事などが忙しくて外食が続くという方はサプリメントを職場に持ち込んでちょっとした時間にサプリメントを飲んで乳糖を摂取していくことも簡単です。さらにダイエット中でヨーグルトなどを積極的に食べることを避けたい場合でもサプリメントならカロリーの過剰摂取を控えることができます。色んな方にとってサプリメントはハードルを低くしていきながら手軽に取り入れていくことができるのでサプリメントはメリットが多いと言えます。

安心できるサプリメントで乳糖の働きを得る

乳糖を含むサプリメントは多くありますが、その中でも最も安心して活用することができる商品を選択してほしいものです。どんなサプリメントを選択していけばいいのでしょうか。まずは乳糖の原料となるものが安心できるものでなければ口に入れることはできません。安心できる原料から乳糖が作られているものかどうかをまずはチェックするようにしてください。サプリメントを選択する際にまずはリーズナブルなものをと考えがちですが、実際には価格よりも安心できる原料かどうかが重要です。

サプリメントの中には添加物が多く含まれているものがあります。どの商品も配合されているものが異なっています。ですから原材料を全てチェックしておく必要があります。原材料を見てできるだけ添加物が入っていないものを選ぶようにしてみてください。サプリメントの商品の中には添加物をできる限り減らしているものもあります。それをなるべく選ぶようにして毎日利用するようにしてください。毎日のように飲むものなので、添加物が入っている商品だと多くの添加物を体に入れてしまうことになります。異物はできるだけ入れないようにしたいので、添加物が少ないものなら安心です。

「食品にも含まれる乳糖の持つ主な働きについて」のまとめ

腸内環境を整える働きがあるのが乳糖ですが、大人にとってはなかなか下痢などを起こす恐れがあって難しいものです。サプリメントなら下痢も起こさず安心して乳糖の摂取が簡単です。

関連記事

  1. [監修済] ダイエットには欠かせないカルニチンの働きとその効能
  2. [監修済] 毒素を排出してくれるグルタミン酸の働きと効能は?美肌…
  3. カシスが持つ驚きの効能・効果【アントシアニンが豊富】
  4. [監修済] 美と健康に効能のある働きを持つ重要な成分RNA(リボ…
  5. [監修済] コレステロールを抑える働きと肥満予防効能が期待できる…
  6. [監修済] 美しさと健康の為に期待できるごぼうエキスの働きと効能…
  7. [監修済] ピーマンの何倍もの働きや効能があるといわれるパプリカ…
  8. [監修済] 認知症予防などに効果が期待されるフェルラ酸の働きや効…

ピックアップ記事

  1. 豆乳と大豆

カテゴリー

PAGE TOP