サフラン

[監修済] 料理でもお馴染みのサフランを使った食品や摂り方について

美しい黄金色と香りや風味が人気のサフラン料理は女性にも人気です。栄養成分としても様々なメリットがあるサフランを使った食品や料理、その他のおすすめの摂り方について考えてみましょう。

サフランの成分

サフランの主成分はα、β、γそれぞれのカロテンであり、ほかに色素配合体のクロシンやクロセチンなどが含まれています。サフランには独特の香りと水に溶かした際に鮮やかな黄色を発色することから、外国では昔から料理の色づけとして広く利用されていました。その際、食品として摂取されるのはめしべを乾燥させたものでスパイスとして食品として販売される他、生薬としても利用されています。スーパーなどのスパイス売り場に並んでいるので手軽に手に入る食品ということができるでしょう。

一つの花に少量しかないめしべからしか抽出することができないため高価なスパイスとしても知られています。これまでにサフランの様々な効能を知らずにサフランライスやパエリアなどを好んで食べていた方も多いことでしょう。女性の体にとてもいい効果があるといわれるサフランは摂り方にあれこれ悩むことなく食品から摂取できるというのが一番の魅力といえるでしょう。体にいいうえにおいしく食べられるので補給するのが苦になることもありません。

サフランの使い方

鮮やかな黄色を呈するクロシンは水溶性の性質をもっているためサフランの色や味を抽出するためには水に浸しておくだけで大丈夫です。20分~30分浸すだけで十分ですが長く浸せば浸すほど色がよく出ます。ただし1日以上浸すと風味が悪くなるので浸し過ぎには注意が必要です。30分ほど浸して色が抽出できたらそのまますぐに料理に使用することができます。急ぐ場合にはお湯に浸したり細かく刻んでレンジで加熱したりして抽出時間を短くすることも可能です。

最近ではドライサフランやサフランパウダーなど使いやすい形で販売されていることが多いので手軽に料理に使うことができます。サフランの赤いめしべがそのまま形で使える場合は、色や風味出しをした後に料理にトッピングしたらアクセントとして見栄えもよくなることでしょう。サフランを使った料理にはご飯物やスープ物が多く辛みや苦みなどが強いわけでもないため子どもから高齢者まで誰でもおいしく食べることができます。簡単でおいしいので栄養素の摂り方に悩むこともないでしょう。

サフラン茶で手軽に摂取

料理で好みの食品と一緒に楽しめるサフランは普段から摂取しやすい栄養素といえるでしょう。ただいくら好きな料理といっても毎日サフラン料理を食べ続けてばかりもいられないので他に摂り方はないのでしょうか。最も簡単で効率よくサフランの栄養素を摂る方法、それはサフランテティーです。濃さの好みにもよりますが使用するドライサフランは5本~10本程度でポットにサフランを入れてお湯を注いで5分ほど蒸らせばできあがります。

お湯を注ぐだけなので手軽であることに加えてサフランの薬効成分を最大限に活用できる摂り方としておすすめです。ハチミツを入れて甘くしたり、ミルクやホットワインに混ぜたりするととても飲みやすくなります。サフランティーは、古代からギリシャやエジプト、ギリシャなどで薬用茶として愛飲されてきたもので、一日2回ほど飲むだけで血流の循環をよくしてくれる効果が期待できるといわれています。ティータイムで気軽に栄養成分を摂取できるのが大きな魅力といえるでしょう。

サフランを使ったおいしい料理

サフランを食品から摂取するのであれば家族全員がおいしく食べられる料理を作りましょう。代表的な料理はやはりパエリアです。黄金に輝く色と香り、そして米にしっかりとしみ込んだ魚介類のエキスが食欲をそそります。さらに栄養分に配慮するのであれば米の代わりにスーパーフードとして話題のキヌアを使うのもオススメです。アミノ酸やビタミン、ミネラルなどが豊富であるため栄養価の高い健康食品としてサフランとの相乗効果が期待できます。

手軽に作れて作り置きもできるのがサフランライスで一度大量に炊いて冷凍保存しておけば必要な時にすぐに食べることができます。カレーやピラフを作る際に活用すれば色だけでなく風味が増したワンランク上の料理を楽しむことができるでしょう。サフランの一日の摂取量の目安は0.1g~0.3g程度といわれているので摂り過ぎないようにするように注意しましょう。料理でサフランを摂取できない方はサプリを活用するのもおすすめです。妊娠中や授乳中の方、アレルギーや躁鬱病で治療中の方などはサプリの摂取について医師に相談された方がいいでしょう。

「料理でもお馴染みのサフランを使った食品や摂り方について」のまとめ

サフランを使った代表的な料理であるパエリアやサフランライスなどはレストランでも人気メニューとなっています。サフランを好みの食品といっしょに摂取したり、サプリを活用したりしながら摂り方を工夫してみましょう。

関連記事

  1. [監修済] 優れたサフランの働きとその効能と利用法を知ろう
  2. [監修済] サフランを不足や過剰摂取すると?

ピックアップ記事

  1. カカオ豆 ココア

カテゴリー

PAGE TOP