グルタミン

[監修済] グルタミン不足と過剰摂取のデメリットを考える 

グルタミンが不足すると、いったいどのようなデメリットが体の中で起こるのでしょう。また過剰摂取による弊害はそのようなものがあるのかを知っておく事で、安全に摂りいれる事が可能になってきます。

グルタミンとスポーツ

スポーツを行う際に消費するのが、運動による筋肉エネルギーと、その動作による疲労の蓄積という事になります。スポーツなどは通常の運動動作よりも、かなり多くのエネルギーを使うために、筋肉に蓄積されているエネルギーよりも、さらに多くのエネルギーを消費する場合が多いのです。ここにスタミナの違いがあり、筋肉に多くエネルギーを蓄える事のできる人をスタミナがある人と言い、逆に直ぐにへたばってしまう人は、スタミナが無いという風に、枝分かれしてしまうわけです。子供が野球やサッカーなどのチームに入っている場合、このスタミナ切れの理解度で、大人の対応が変わってしまう場合があります。最初は普通にこなせていても、中盤でスタミナ切れを起こしてしまうと、それはふてくされた態度に見えるので、大人はこうした場合に備えて、その状況を理解し対応をしなければなりません。こうした野外でのスポーツでは、エネルギーが切れても食品で取ると言うわけにも行かず、こうした場合では手軽に摂れるサプリで対応するようにします。

グルタミン不足と過剰摂取

グルタミンとグルタミン酸、そしてグルタミン酸ナトリウムはそれぞれ別のもので、その効果も全く違うものと言っても良いでしょう。人間の体内において重要なものは「グルタミン」であり、食べ物から取る事もできる栄養素のひとつです。通常の食生活では過剰摂取による影響は少ないと言われますが、最近はサプリメントなどが売られており、過剰摂取の影響も懸念されています。グルタミンの過剰摂取では、副作用によって肝臓へのダメージが疑われています。しかしほとんどの場合は、スポーツを行う方や摂取が足りないと思われる方が摂取していますので、ある程度摂り込んだとしても過剰になる事はまずありません。しかし、不足となると話は別で、摂取量が不足すると筋力の低下や消化不良などが起こるだけでなく、うつなどの精神疾患への影響などが懸念材料となります。細胞分裂に影響しますので、不足によって考えられる弊害はそれ以上者もと言っても過言ではないでしょう。

グルタミンの活用術

食品の多くにはグルタミンが含まれており、その食品によっては含有量が多いものがあります。食事によるグルタミン摂取は、生きていく上で必要な行為でもあり、毎日の食生活がまさに体を支えると言っても良いでしょう。豚肉やレバーなどの肉類を始め、カニやホタテなどの魚貝類などに含まれており、野菜ではサトウキビやトマトにほうれん草やパセリなどのにも多く、大豆などの豆類を始め小麦製品などの穀類にも多く含まれています。また、牛乳やチーズなどの乳製品などに含まれているため、これらの食事をバランスよく摂取する事が大事だと言われています。しかし、グルタミンは熱や酸に非常弱い性質を持っている為、編成しやすいという性質を持っています。効果的にこれらの食物を取るには、なるべく生に近い状態で取る事が、体に取り入れるには非常効率のいい手段と言えるでしょう。特に動物性のものは、鮮度の良いものを刺身などでつまとともに取り入れる事で、効率のいい摂取方法となり、有効なグルタミンを多く摂りいれる事ができます。

グルタミンと病気の関係

加齢とともに体は次第に衰えていきますが、これは老化現象というもので、生命には逃れる事のできない自然の摂理となっています。しかし、そんな自然の摂理も個人の体調管理で、遅らせることが可能だと知ったら、ほとんどの人達はこれを実践する事でしょうし、それは現実に可能な方法なのです。老化の表れはしわやシミを始め白髪など外見でも知る事ができますが、人間の生態レベルで考えるならば、老化は20歳を過ぎてから始まっているのです。人間の体は、成長期に大人の体として作り上げられますが、そのピークは20歳から22歳くらいまでと言われています。つまりこれ以降は、老化が始まっていると思わなければなりません。しかし実際に人間が老化を感じるのは、外観の変化が中心で身体的変化にはあまり気づかないものです。転びやすくなった、階段の昇り降りがきつい等は老化の始まりと言えます。老化を抑制するには、運動をして筋肉の維持に努める事が一番です。適正な筋肉にグルタミンを蓄えさせることで、いつまでも若々しく生活する事が可能になります。

「グルタミン不足と過剰摂取のデメリットを考える 」のまとめ

きつい運動はストレスを感じ、長続きしないものですが、速歩であれば誰でも可能な運動と言えるでしょう。いつもの道をいつもより少しだけ早く進む。それだけで筋力は維持する事ができ、運動後に乳製品を摂る事が効率的でしょう。

関連記事

  1. [監修済] 健康維持にいいとされるコンドロイチンの不足や過剰摂取…
  2. [監修済] イノシトールの過剰摂取や不足によるリスクについて
  3. [監修済] 炭水化物が不足すると危険?!正しい炭水化物ダイエット…
  4. [監修済] 子どもの成長に欠かせないヒスチジンの不足や過剰摂取に…
  5. [監修済] 鉄分でおなじみのプルーンの不足による影響と過剰摂取に…
  6. [監修済] 栄養素ビオチンの不足や過剰摂取による弊害
  7. [監修済] フラボノイド不足になってしまう食生活に注意
  8. グレープフルーツ グレープフルーツに含まれる栄養成分の不足や過剰摂取の影響【薬を服…

ピックアップ記事

  1. バナジウム

カテゴリー

PAGE TOP