コーヒー

[監修済] 身近なコーヒーを使った効果的なダイエット方法 

最近はコーヒーを使ったダイエット法などが、TVや雑誌などで取り上げられる事が多くなってきましたが、本当に効果はあるのでしょうか。実際にどのような効果があるのかを見ながら把握していきましょう。

コーヒーの産地

コーヒー豆の原産地と言われている場所はいくつかありますが、エチオピア原産である「アラビカ種」もその一つです。高級種が多いのがその特徴で、この系統の品種の木が一番多く、上級品とされる豆の種類が豊富なのです。またその生産量も圧倒的に多く、世界に流通している豆の7割から8割をしめているともいわれています。アラビカ種は実の付が特に良く、主な栽培地は南米ブラジルとアフリカなどで栽培されていますが、このアラビカ種系統の品種は実に200を超えるとも言われます。しかし非常にデリケートな種類で、高温多湿に意外なほど弱く乾燥にも弱いので、育つ環境も限定されているのが現状です。管理が大変で、農業従事者があまり目を離せない事から、育てるのは容易とはいかないのが現状なのです。主な品種のもうひとつは、コンゴ原産と言われている「ロブスタ種」で、カネフォーラ種の変わり種とされています。日本でも多く地理扱いが行われている品種で、インスタントによく使われているコーヒー豆です。アラビカ種と違って丈夫なのが取り柄で、高温多湿などにも強く、病気や害虫にも比較的育てやすい種類の豆と言えます。

コーヒーはダイエットに向いてる?

コーヒーを使ったダイエットが注目されている経緯には、そもそもカロリーが少ない事が注目を上げる項目として挙げられるでしょう。実際豆を煮だした汁ですので、そのエネルギー量は非常に少ないものです。しかし、これまでにわかってきた豆の成分には、カフェインを始めナイアシンやタンニン、クロロゲン酸にトリゴネリンやポリフェノール、そしてコーヒーオリゴ糖などが見つかっており、脳の覚醒を躍進する効果や血行を良くし心臓能力の動きの活発化しますので、健康に非常に役立つ効果が得られる事がわかってきたのです。またダイエットにも効果があるとされており、運動前に飲んでおくと燃焼効果で、無駄な脂肪を燃やしてくれる効果が期待できます。また、リラックス効果やストレスを抑制してくれる効能もあるとされており、腸内を活性化させ整腸の効果もあるとされています。ただし、何事にも行き過ぎには禁物で、過度なカフェインの摂り過ぎは、体調に害をなす事がありますので、一日に3杯程度までに抑える事が、重要とも言われています。クロロゲン酸は抗酸化作用もあり、糖尿病にも効果があるとされていますが、摂り過ぎは便秘の原因になります。

コーヒーを使ったダイエットレシピ

コーヒーには、ダイエットに効果があるとされている成分のひとつに、「クロロゲン酸」という成分が含まれています。しかし、どの豆にも含まれているのではなく、クロロゲン酸は非常に熱に弱い為、浅炒りの豆を選ぶ事が大事といわれています。ダイエット利用ですので、基本的にブラックで飲む事になりますが、ドリップよりもサイフォンのように煮だした方がより効果的です。ダイエットの基本は、カロリーを摂り過ぎない事が基本になりますので、レシピとしては寒天コーヒーが理想的で、カロリーが低い上にお腹もある程度たまりますし、食べて噛む事により満足感も得られるでしょう。最近はコンニャクの原料であるマンナンも粉末として売っていますので、これも利用する事ができます。コーヒーには燃焼効果がありますので、食べた後には運動をします。何事も継続が大事ですので、過激な運動は控えてまずはストレッチから初めて、速歩などを行いながら地道に運動量を増やしていきましょう。速歩であれば、毎日の通勤や通学の過程で行う事ができますので、継続して行う事ができるでしょう。

コーヒーと健康法

コーヒー豆の成分にはカフェインを始め、循環系や消化系そして神経系の働きを促進してくれるナイアシンや粘膜からの分泌を抑える働きのあるタンニンがあり、飲用することによって止瀉作用や整腸作用が認められます。また、クロロゲン酸には血糖上昇の抑制作用の効果があり、最近の研究ではトリゴネリンに、脳の老化やアルツハイマー型の認知症を予防するという効果がある事が、研究発表されています。近年、良く名前を聞くポリフェノールには、優れた抗酸化作用があり、動脈硬化や脳梗塞を防止する効果があり、ホルモン促進作用を向上させてくれる効能が秘められているのです。そして、最近発見されたコーヒーオリゴ糖には、優れた美容効果がある事がわかっており、コーヒーはただの嗜好品ではなく、優れた薬効成分を有している事がお判りでしょう。料理にも利用する事ができ、カレーやブラウンシチューに少量使う事で、コクや旨味も倍増させることも可能で、インスタントコーヒーを利用した料理に応用できます。焼きそばにも少量使う事で香ばしさを引き出せます。

「身近なコーヒーを使った効果的なダイエット方法」のまとめ

コーヒーには優れた薬効があり、美容やダイエット、健康作りにとても良い事がわかってきました。ただし、利用する場面も限定されており、就寝前などには不眠効果がありますので控えなければなりません。

関連記事

  1. [監修済] リラックス効果の高いコーヒーとその相乗効果 
  2. HMBの優れた働き!【効果的に筋力をつける】
  3. ダイエット成功のカギはアミノ酸!【アルギニン・リジン・アラニン・…
  4. [監修済] 知っておこう・コーヒー飲みすぎは体に良くないのか 
  5. 便秘は青汁で解決!【解消して美肌やダイエットに!】
  6. [監修済] パパインはダイエットには向いているのか?
  7. オリゴ糖の効能と効果【ダイエットにも良い理由】
  8. [監修済] バイオペリンはダイエットに効果があるのか

ピックアップ記事

カテゴリー

PAGE TOP