炭水化物

炭水化物は身体のエネルギー源!【食品での摂り方】

炭水化物は糖質と食物繊維の組み合わせで出来ています。炭水化物が分解されるとブドウ糖になり、人間のエネルギー源となります。この炭水化物は食品からはどのようにして上手に摂取をしていったらいいのでしょうか。

炭水化物は三大栄養素

三大栄養素の中で、体にとって最も基礎的でカロリーを作り出すために必要なのが炭水化物です。炭水化物は糖質と食物繊維に分けられますが、中でも糖質は消化吸収されるとブドウ糖へと変化します。このブドウ糖は脳にとっての唯一のエネルギーとなるので、毎日必ず摂取をしなければなりません。

脳

他の栄養素は多少不足しても大きく体を壊すことはありませんが、炭水化物の場合は摂取をしないと健康をすぐに損ねてしまいます。

炭水化物は基本的に食事から摂取をしていきます。炭水化物を含む食品をしっかりと食べれば1日に必要なカロリーを摂取することができます。炭水化物を多く含む食品をしっかりと食べ、その次に三大栄養素のタンパク質と脂質を摂ることが必要です。炭水化物をメインの栄養としている食品として、日本人にとって欠かせないのがご飯です。

ご飯は主に糖質が多く、その次にタンパク質が多く含まれています。ご飯をしっかりと食べることで炭水化物の摂取は十分にできます。

食品からの炭水化物の摂り方の上手な方法

炭水化物は食品から摂取していくのが主な方法ですが、その摂り方について適切なのは1日に必要な糖質を摂るように心がけながら炭水化物を摂っていくという摂り方です。炭水化物を十分に摂取しないと体を動かしたりするのに必要なカロリーを摂取することができません。

そうなると肉体は筋肉を燃焼してカロリーを作り出そうとしてしまいます。それによって筋肉が衰えて痩せてしまいます。言うなれば健康を害してしまうのです。

炭水化物は太りやすいと言われていますが、実際には十分な量を確保しなければなりませんし、そうでなければ体は衰えていってしまいます。上手な炭水化物の摂り方は不足してはいけないということです。その次にあまり多く摂りすぎることがないようにすることです。

炭水化物を過剰摂取すると、余った炭水化物は脂肪へと変化し、中性脂肪となって健康を損ねてしまいます。ですから摂り過ぎにも気をつけなければなりません。

ご飯以外にもある炭水化物を多く含む食品

炭水化物の中でも日本人が最も多く食べている食品がご飯です。ご飯を中心に炭水化物を摂り入れるのが日本人にとっては自然なことです。しかし今の時代はご飯以外の食事も多くの方が選んでいるので、ごはんばかりでは飽きてしまうこともあります。食生活を楽しく行っていくことも健康のためには欠かせないものです。

そのため上手な炭水化物の摂り方を知っておく必要があります。ご飯以外の炭水化物として日本人が多く食べているものはうどんです。うどんは油を使用していないのでヘルシーな炭水化物です。時にはうどんを活用するのもいい方法です。

ご飯やうどん以外では

  • パン
  • パスタ
  • そば

などがあります。

どれも日本人が多く利用している食品ですが、これらを使用した料理の中には油などを多く使用して調理されるものもあるので、食べ過ぎには注意をしたいものです。

またご飯は他の炭水化物よりも腹持ちがいいので、間食をしにくくなる点も見逃せません。他の食品よりも太りにくいというメリットがご飯にはあるのです。そのため食事の際にメインとする炭水化物はご飯を選ぶようにし、時には他の食品を選択するやり方が健康的だと言えるでしょう。

栄養のバランスを考えた炭水化物の摂り方

炭水化物を食べる際に他の栄養素とのバランスも考えていかなければなりません。炭水化物は他の栄養素よりも多く摂らなければなりません。それは人間の脳が炭水化物を多く必要としているからです。炭水化物を十分に体に与えれば脳は元気に働くことができます。

その次に重要なのがタンパク質と脂質です。これらは体を構成する基本成分なので必ず毎日食べなければなりません。しかし中には脂質は太るからといって摂らない方もいます。脂質も体作りに利用されるため必ず摂る必要があります。

三大栄養素の他に必要となる栄養素に

  • ビタミン
  • ミネラル
  • ファィトケミカル
  • 食物繊維

などがあります。これらはどれも体の健康のためには必要なものなので、偏ることなく摂る必要があります。しかしこれらは単体で摂取をしてもあまり意味がありません。

これらの栄養素を活用するのは脳ですから炭水化物をしっかり摂ることがまずは大切なのです。炭水化物がしっかりと摂取できることで脳は他の栄養を活かすことができるのです。ですからどの栄養素も欠かさずバランスよく摂っていくようにしなければなりません。

炭水化物をブドウ糖と食物繊維のサプリメントで確保する摂り方

炭水化物であるご飯などは毎日の食事で食べることができるものですが、場合によってはそれが難しい場合もあります。忙しくて欠食をしてしまった場合には炭水化物を十分に確保することができません。また胃腸の調子が悪い時にはご飯などを食べることが難しいものです。

そんな場合には炭水化物を多く含む食品を食べるのは難しいものです。しかしそれでも炭水化物を食べてカロリーを確保しなければなりません。そんな時に役立つのがサプリメントなのです。

ブドウ糖や食物繊維のサプリメントを摂ることによって炭水化物を間接的に摂ることが可能です。またブドウ糖は摂取をすればご飯などとは違って消化吸収がスムーズでダイレクトにエネルギーに変化をするので胃腸に負担がかかりません。体調を崩している方にはぴったりです。

また食物繊維もサプリメントから補うことで、炭水化物に含まれている食物繊維を摂るのと同じように摂取することができます。ブドウ糖も食物繊維も今現在では様々な商品が販売されていますが、中でも安全な原材料から作られたものを選ぶようにしてください。

炭水化物は身体のエネルギー源!【食品での摂り方】のまとめ

脳にとって唯一必要なエネルギーブドウ糖を作るのに欠かせない栄養素が炭水化物ですが、体調を崩している時や欠食をした場合などにはサプリメントを利用すれば簡単に摂取が可能です。

関連記事

  1. [監修済] アロエベラ葉エキスを食品として摂る場合の摂り方につい…
  2. [監修済] 効果的なアミノ酸の食品からの摂り方とは
  3. [監修済] 炭水化物が不足すると危険?!正しい炭水化物ダイエット…
  4. 炭水化物抜きダイエットのメリット・デメリット【ダイエットを成功に…
  5. [監修済] 体にいいアスパラチンを多く含む食品と効率のいい摂り方…
  6. [監修済] 美容効果のあるハイドロキノンを含む食品の摂り方
  7. [監修済] 柑橘類を代表するシトラスの食品としての摂り方
  8. [監修済] 健康と美容にいいRNA(リボ核酸)を多く含む食品の理…

ピックアップ記事

  1. ローズマリー

カテゴリー

PAGE TOP