レスベラトロール

[監修済] 若さを保つレスベラトロールの認知症予防への効果

レスベラトロールとは、ぶどうや落花生の皮や種、茎などに含まれる、ポリフェノールの一種です。長寿遺伝子を活性化させる効果があり若さを保つことで注目され、認知症の予防への効果も期待されているレスベラトロールを詳しく紹介します。

レスベラトロールが認知症予防にいい理由

このレスベラトロールは、1939年に日本の研究機関で発見され、その後世界中で研究されてきた成分です。レスベラトロールには、「血流改善」「抗がん」「痴ほう症の抑制」「細胞の老化抑制」の作用があると世界各国の研究機関が発表しています。そして一番有名なのが「寿命の延長」作用です。

同じ年齢なのに、実年齢よりも若く見える人と、年齢よりも上に見える人がいます。「気持ちが若いから」「健康のために軽い運動をしているから」という外的要素だけが、その理由でしょうか。実はその原因に活性酸素が深くかかわっているといわれています。活性酸素は呼吸で取り込まれた酸素や、体の脂肪や糖をエネルギーにするときに発生するもので、生きている以上、かならず出てくるものです。この必ず出てくる活性酸素は遺伝子情報を傷つけ細胞機能を低下させて、老化へとつながります。

この活性酸素を取り除く物質として「抗酸化物質」があり、この抗酸化物質を働かせる指揮命令的な役割を果たすのが長寿遺伝子です。この長寿遺伝子へ働きかけるのがレスベラトロールなのです。長寿遺伝子が活性化することで老化防止さらには認知症の予防へ効果を発揮するのです。

老化と認知症進行を予防するレスベラトロール

老化防止のカギとなる長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)は、誰の体にも存在しています。そしてこの遺伝子は、老化に関するさまざまなホルモンや体内分泌物をコントロールする中心的存在だといわれています。

この長寿遺伝子を活性化するには、カロリー制限、極端な糖質制限などをおこない、体の機能を維持することが難しくなるような危機的状況へ追い込む必要があります。1日に必要な栄養素・カロリーを通常の60%以下にして、毎日過ごさなければいけません。毎日仕事をしたり活動している人にとっては摂取カロリーを60%以下に抑えるのは、とても難しいことです。しかし、研究が進みレスベラトロールを摂ることで、長寿遺伝子を活性化できることがわかってきました。

認知症予防だけじゃないレスベラトロールの効果

老化自体を予防するということは、認知症の予防の他に体にどんな良い影響を与えているのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

まず血流改善があります。血流が滞ると毛細血管まで血液が行きわたらないために、冷え症になったり内臓の働きが鈍ってしまうことがあります。臓器を動かすためには血流が重要なのでその血流を改善することで体調を整えることが期待できます。そして、血流が改善することで、体の機能が向上して脂肪蓄積の抑制効果も実験でわかっています。

その他、抗がん効果も実験でわかってきました。50歳を過ぎてから徐々に発生率が上がり、2人に1人が癌と言われる日本。老化の予防だけではなく、抗がん効果も期待できるのは魅力的です。

認知症予防に最適なレスベラトロールの摂取方法

赤ぶどうの皮やピーナッツの皮、そして赤ワインが、レスベラトロールを多く含む食材として知られています。赤ワインについては、アルコールの得意不得意もあるので、とくにおすすめはしませんが、赤ぶどうやピーナッツを皮ごと摂るのに効果的な方法を見ていきましょう。

「赤ぶどうのサラダ」は、火を使うことなく手軽に作れます。赤ぶどうを洗い皮ごと他の新鮮な野菜と一緒に盛り付けて、ビタミン豊富なレモン果汁をベースにしたドレッシングを使うと、ポリフェノールとの相乗効果も期待できます。サラダには「ほうれん草」「ブロッコリー」がおすすめです。これらの食品にも老化防止の成分が含まれているため、相乗効果を期待できます。

赤ぶどうの果汁を使った、「ぶどうパン」もおすすめです。少し手がかかりますが、レシピサイトなどでかなり多くの種類のぶどうパンが紹介されています。

ピーナッツは赤ぶどうに比べて、レシピの幅が広がります。ピーナッツバターを使った「ピーナッツトースト」は朝食にぴったり。中華料理やアジア料理はアレンジしやすく「鶏肉とピーナッツの炒め物」などナッツを使っている料理でナッツをピーナッツへ変えることで簡単にアレンジできるので心強いです。

そして、デザートには「チョコレートブラウニーピーナッツ入り」はいかがでしょうか。こちらもマカダミアナッツなどデザートづくりでよく利用されるものをピーナッツへ変えることでアレンジ可能です。

そして、レスベラトロールは研究途上にあり明確には言えませんが、1日当たり100mg~500mg程度の摂取が目安となっています。食品にプラスしてサプリメントを利用して摂取するときは参考にしてください。

「若さを保つレスベラトロールの認知症予防への効果」のまとめ

レスベラトロールは、身近な食品から摂れるポリフェノールの一種です。認知症予防をはじめとしたさまざまな効果も実験でわかってきており、積極的に摂取することで健康的な生活を送ることを可能にします。紹介したレシピも参考に、ぜひ上手に取り入れてください。

関連記事

  1. カテキンは血糖値と関係があるの?【食後の緑茶のススメ】
  2. ローマカミツレ ローマカミツレエキスの効能と効果について【育毛効果もあるの?】
  3. ガセリ菌の効能と効果とは?【脳にもよい効果が】
  4. メタボ カテキン摂取で肥満予防!【驚きの効能と摂り方】
  5. レスベラトロールでアンチエイジング!【豊富に含まれている食品は?…
  6. 〇 × カフェインの過剰摂取はむくみの原因?【摂りすぎに注意】
  7. フェカリス菌は便秘と花粉症に効くの?【うれしい効き目がたくさん】…
  8. [監修済] プラズマローゲンによる大きな認知症予防効果

ピックアップ記事

カテゴリー

PAGE TOP