ペプチド

[監修済] ペプチドは生活習慣病に対してどんな効果がある?

今や日本において当たり前のものとなってしまった生活習慣病ですが、この生活習慣病に対して効果がある商品というのは非常にたくさん出回っています。そこで、今回は最近よく聞く用意なったペプチドと生活習慣病の関係性について解説します。

ペプチドは生活習慣病に効果があるの?

一言でいえば生活習慣病に対して効果のあるペプチドもありますしそこまで効果のないものもあります。まず、ペプチドとはアミノ酸が結合してできた構造のものの総称です。なので、ペプチドは種類が非常に豊富にあります。その中には生活習慣病に対しても効果があるものもあるのです。おそらく最も有名なのが大豆ペプチドではないでしょうか。

大豆ペプチドの効果は疲労回復といったものから、脂質代謝を促進して筋肉を作りやすくするといったものまであるので、肥満が生活習慣病を引き起こしやすいということを考えると効果があるともいえます。

また、イワシペプチドの場合は高血圧予防や動脈硬化といったものの予防にちょうど良いと言われており、こちらも生活習慣病に対して効果があると言えるでしょう。

さらに、魚肉ペプチドは体内にある活性酸素などから発生する酸化反応を減らす作用があると言われているので、老化防止に繋がり体を動かしやすくしてくれるのでこちらも生活習慣病に対して効果があると言わざるを得ません。

他にもコラーゲンペプチドやホエイペプチド、イミダペプチドなどいろいろなペプチドがありますがただ単に疲労回復作用が強いものとか肌トラブルに強いものなどもあるので、ペプチドは全てが生活習慣病に対して効果があるとは考えないほうがいいでしょう。

生活習慣病予防にはペプチド選びが大切?

説明したようにペプチドには種類がるので、すべてのペプチドが生活習慣病に対して効果があるものではないのです。なので、高血圧や糖尿病といったものを防ぎたいのならそれ用のペプチドを調達する必要があります。特に、食品の場合は簡単に見分けがつきますがサプリメントの場合はペプチドとしか記載がないことがあるので要注意と言えるでしょう。購入前に何のペプチドかを確認してください。

色んなペプチドがあるので何が一番良いかは断定できませんが、生活習慣病をどうにかしたいのならば魚肉ペプチドやイワシペプチドあたりがやっぱり使えるのではないでしょうか。イワシペプチドは先ほど説明したように高血圧予防や動脈硬化予防に使えると言われておりますし、魚肉ペプチドも活性酸素の暴走を防いで体の錆化を減らしてくれる作用があるのです。活性酸素による酸化ストレスが少しでも減らせれば、老化防止の他にも血管年齢も若くしやすいと言われているので効果があると言われているのです。

ペプチドの生活習慣病予防作用はどのような食品から得るの?

生活習慣病予防としてペプチドの力を使いたいのならイワシや魚類を食べるのが一番なのですが、そもそもタンパク質が体内で分解される段階でペプチドとして発生するので、タンパク質が多いほどペプチドの量も多くなるのです。

そのため、単純ですがペプチドをたくさん得たいならタンパク質が豊富な、大豆食品・乳製品・肉類・魚類といったものを摂取するということになるでしょう。

ただし、先ほどの効果を思い出すと、効果的なのは魚類ということなので、イワシといったものを筆頭に魚を多めに食べるのはいいのではないでしょうか。

また、太ってきている方は大豆製品を食べて大豆ペプチドを摂取し基礎代謝を向上させて痩せやすい体を作ってください。

ペプチドの生活習慣病予防効果を得るためにはサプリでもいいの?

ありかなしかの二択で説明する必要があるのならば、ありと言えるのではないでしょうか。もちろんサプリメントのみに頼るのは論外ですが、一人暮らしの場合は毎日魚類を食べるのは大変なので、イワシペプチドや魚肉ペプチドをサプリメントから摂取するのは良いことなのでしょう。

ただし、サプリメントのみに頼って生活習慣病にならないように努力を怠れば、絶対に防ぐことは不可能でしょう。サプリメントは薬ではなくあくまで補助として使うものなので全面的に頼るものではありません。使い方が違います。一般的な生活において補うことができない栄養素を補給するのに役立ててください。

特に、メタボの方はダイエットをする必要性があるので、まずは大豆ペプチドといったものを利用して痩せるよう努力を行ってください。これも大豆ペプチドを飲めば痩せるのではなく、あくまで痩せやすくしてくれるのでその点だけは注意してくださいね。

サプリメントはあくまで健康の補助であり、自分たちの行いをどれだけ改善させるかが生活習慣病の予防ができるかに関わっているのです。ペプチドサプリの有効活用は正解ですが、頼りすぎないようにしましょう。

「ペプチドは生活習慣病に対してどんな効果がある?」のまとめ

ペプチドは種類によっては生活習慣病にも効果があるものではありますが、種類が豊富なので見極め方には気を付ける必要があります。ペプチドには種類があり違いがあることをまず理解しましょう。

関連記事

  1. テアフラビンは紅茶に多く含まれる【健康に良い効果がたくさん】
  2. オリゴ乳酸は天然由来なので安心!【腸内環境を整える強い味方】
  3. オリゴ乳酸が美肌に役立つ理由【身体の内側からのスキンケア】
  4. [監修済] トレーニング後にペプチドを飲むと筋肉がつきやすい
  5. オレイン酸が持つ効能や働きについて【摂り入れるメリット】
  6. ルチンの効能と効果【ビタミンPとも呼ばれます】
  7. タンニンの生活習慣病への優れた効果【生活にも密着】 
  8. マテ(マテ茶)でコレステロール値を下げよう【生活習慣病の予防】

ピックアップ記事

  1. グレープフルーツ

カテゴリー

PAGE TOP