酵母

酵素と酵母の働きの違い【健康に活かそう!】

酵素と酵母は、どちらも健康維持や美容に欠かせない物です。酵素と酵母、字も似ているのでなんとなく同じ種類のように思えますが、実際には全く違う物です。酵素と酵母はどちらも身近な物ですから、2つの違いと特徴を覚え、効率よく取り入れていきましょう。酵素と酵母の違いを比較して説明します。

酵素と酵母は違う物?

酵素と酵母は字も発音も似ているので、混同してしまう人もいるかもしれません。確かにパっと見は似ていますが、実際には全く違う物です。

わかりやすくまとめるとするなら、

  • 酵母は微生物
  • 酵素はタンパク質

です。酵素は体内でも合成されていますが、酵母は発酵食品を作る際に必要となるものです。

酵素は

  • 消化酵素
  • 代謝酵素

の2つに分類されますが、酵母は何を発酵させるかによって、使用する酵母の種類が変わります。

酵素酵母の働きは

  • 酵素に期待できる効果はダイエット美肌胃もたれ解消
  • 酵母に期待できるのは免疫力向上便秘解消

などです。酵素と酵母の違いをもう少し詳しく見ていきます。

酵素の特徴や働き

酵素は体内でも合成されているタンパク質の一種です。

酵素は

  • 食べた物を消化する消化酵素
  • 消化した栄養をエネルギーに変える代謝酵素

の2種類に分かれます。大きく分けると2種類ですが、体内には数千種類の酵素があり、それぞれに違う役目を持っています。食べた物を消化するのは胃液ですが、胃液の中に消化酵素が含まれているからこそ、消化や分解ができるのです。

代謝酵素には食べ物の栄養を吸収し、それをエネルギーに変える働きがあります。これ以外にも、基礎代謝を維持するために代謝酵素は欠かせません。

基礎代謝というのは

  • 臓器の機能を正常に保つ動き
  • 血流やリンパの流れを維持する動き
  • 排泄や呼吸

など人が生きていくために欠かせない身体の活動です。

酵素の働きについてはこちら⇒酵素はむくみ解消にも効果アリ?

元気な男性

酵素は体内でも合成されていますが、年齢ともに体内で合成できる量は減少していきます。しかし生きていく上では消化も代謝も欠かせませんので、食事に含まれる食物酵素から補う必要性が出てきます。

酵素は熱に弱いため、加熱調理をしないと食べられない食材からは摂取出来ません。酵素は生のままでも食べられる、野菜や果物から摂ります。野菜や果物以外にも、サプリメントや酵素ドリンクで摂取する事もできます。

酵母の特徴や働き

酵母は微生物の一種です。酵母は発酵させる時に欠かせない物で、

  • パンを発酵させる時にはパン酵母(イースト菌)
  • ビールを発酵させる時はビール酵母
  • 日本酒を発酵させる時は日本酒酵母

が使われます。

酵母が原料の糖質をアルコールと炭酸ガスに分解する過程が発酵という現象で、その時に酵素も生成されます。

他にも日本人にとっては馴染み深い

  • 味噌
  • 醤油
  • 漬物

なども酵母により発酵させて作ります。

酵母にも種類があって、使用する酵母により味や香りが変わります。酵母は発酵食品を作る時に使いますが、酵母で発酵させた食品を食べれば酵母を摂取できます。

酵母には様々な健康効果が期待できます。酵母に期待できる効果は

  • 肥満予防
  • 生活習慣病予防
  • 腸内環境の改善
  • 免疫力の向上

などです。便秘でお悩みの方や風邪を引きやすいのでなんとかしたいという方におすすめです。

食事に含まれる糖の吸収を抑える効果も期待できるので、食事に糖質が多く含まれている場合は、酵母を取り入れるのもおすすめです。酵母は糖質をアルコールと炭酸ガスに分解します。糖質が吸収される前に分解することができるので、タイミングよく摂るようにしましょう。

比較的身近な食材にも多く使われているので、上手に活用できれば多くの健康効果を実感できるかもしれません。

酵素と酵母の摂り方や注意点

酵素生の野菜や果物、酵素ドリンクやサプリメントから摂取出来ます。体内でも合成されますが、食事やサプリメントから摂るのが効果的です。

納豆に納豆菌を加えると納豆ができますが、この時酵素が生まれます。酵母により発酵させた食品には酵素もふくまれているので、酵母発酵させた食品や加工品を選べば両方を一度に摂取できます。

酵素も酵母もサプリメントから摂取できますが、それぞれ

  • 酵素は消化の働きをサポートする効果
  • 酵母は糖の吸収を抑える効果

が期待できます。ただし飲んですぐに効くというわけではないので、サプリメントだけに頼らず、食事や生活習慣の見直し、適度な運動なども取り入れる事が大切です。

酵素は一度に使う量が決まっているので、多めに摂取しても体外に排出されます。酵素は人によってはお腹がゆるくなる事もあるので、適量を見極める事が大切です。

酵母は発酵させる作用があるので、過剰摂取をすると腸内で発酵が進み、ゲップやおならが出やすくなる事があります。発酵の時は水分を必要とするので、水分不足から便秘になる事もあるため過剰摂取に注意してください。

酵素と酵母の働きの違い【健康に活かそう!】のまとめ

酵素と酵母は字も発音も似ているので、同じ種類の成分と思われがちです。しかし実際には全く違う物ですし、それぞれに働きも異なります。しかし両方とも健康維持には欠かせない物ですから、賢く取り入れていきましょう。

関連記事

  1. 酵素はむくみ解消にも効果アリ?【おすすめの摂り方】
  2. [監修済] 疲労回復を助けてくれる酵母とは ビール酵母で元気にな…
  3. [監修済] 便秘に効果抜群!今話題の酵母ですっきり生活
  4. [監修済] 酵素は薄毛を作るのか?それとも薄毛を予防できるのか?…
  5. [監修済] 50歳からの酵素サプリで元気ハツラツ!
  6. [監修済] 酵素サプリを手放すことはできません。
  7. [監修済] 酵素サプリを飲んだだけで1.3キロダイエットでき便通…
  8. [監修済] 酵母で免疫力アップ!細菌やウイルスに負けない身体づく…

ピックアップ記事

カテゴリー

PAGE TOP