大豆イソフラボン

[監修済] 大豆イソフラボンを多く含む食品の自然な摂り方

大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た構造と働きを持つ成分です。女性にとっては特に欠かせないものですが、どのような食品を通し、どういった摂り方をしていったらいいのでしょうか。

大豆の食品に含まれる大豆イソフラボン

大豆は様々な加工によっていろんな食品へと変化しますが、日本人の食生活にとって欠かせないものとなってます。大豆を使用した食品というと納豆やおから、豆乳などがあります。また調味料では味噌や醤油なども大豆を使用したものです。このように色々な大豆製品がありますが、この大豆製品には人間の体にとって欠かせない成分が含まれているのです。それは大豆イソフラボンです。ポリフェノールの一種ですが、これは健康維持のために重要な役割を果たしています。

大豆製品のイソフラボンは構造式が女性ホルモンであるエストロゲンに似ています。エストロゲンは加齢によって徐々に減少をしていきますが、これによって更年期障害などを引き起こすようになってしまいます。更年期障害は中高年によく起こるものですが、これに対して大豆イソフラボンを摂取することで女性ホルモンを補うことができます。ホルモンを人工的に体内に取り入れることはとても危険なように思われますが、自然の大豆に含まれている大豆イソフラボンなら安心して摂取が可能です。

食品に含まれる大豆イソフラボンによる優れた効果について

大豆製品に多く含まれている大豆イソフラボンですが、これは具体的にどういった効果を持っているのでしょうか。女性ホルモンの減少は更年期障害の原因となっていますが、これ以外にも美容の面で大きな影響を与えてしまいます。女性ホルモンの減少によって肌の調子が悪くなっていくことがありますが、これに対して大豆イソフラボンは効果をもたらしてくれます。大豆イソフラボンを摂取することで肌の状態をよくしていき、特に保湿効果をもたらしてくれます。

肌が潤いで満たされていると肌は透明感とツヤを感じることができます。反対に乾燥をしていると肌はくすんで見えてしまいます。また老けた印象を人に与えてしまいます。加齢によって肌は乾燥などをしていきますが、これに対して大豆イソフラボンは保湿効果を与えてくれます。中高年になって乾燥などが気になるという方は特に大豆イソフラボンを摂取していくようにしてください。幸いなことに大豆イソフラボンは自然由来の成分なのでは毎日取り入れていっても体に対する負担はありません。

過剰摂取をしない大豆イソフラボンの摂り方

大豆イソフラボンは体にとって安心な成分ですし、また体の健康や美容のためには積極的に摂り入れていきたいものですが、ただ気をつけたいことがあります。それは過剰摂取です。多く摂りすぎることも実は体への負担があるので、気をつけなければなりません。大豆イソフラボンは1日の上限は食品からは75㎎となっており、また大豆イソフラボンを含むサプリメントからの摂取の上限は35㎎となっています。

上限を超えて摂取をすると体への負担がありますし、特にホルモンの乱れが起こる可能性があります。ですからくれぐれも摂りすぎには注意をしなければなりません。しかし大豆イソフラボン自体は安心できる成分なので、上限を超えなければ問題なく摂取が可能なものです。大豆イソフラボンも同じですが、どの栄養素も過剰摂取は控える必要があります。どの栄養素も万遍なく取るようにしていくことを心がけながら上手に摂取をしていくことが大切です。

大豆イソフラボンのサプリメントによる摂り方

大豆イソフラボンは毎日の食生活の中で取り入れていくのが基本的な方法となります。大豆イソフラボンが多く含まれている食品を食べることによって自然と大豆イソフラボンを体内に取り入れていくことができます。しかし大豆製品も毎日食べるときっと飽きてしまうことでしょう。また仕事が忙しくてなかなか大豆製品を食べる機会がないという方にとっても同様に大豆イソフラボンは摂りにくい成分と言えるでしょう。そんな時には大豆イソフラボンを含むサプリメントを活用してみてはいかがでしょうか。

サプリメントを利用した摂り方では簡単に毎日大豆イソフラボンを摂ることができます。仕事などが忙しい方はサプリメントを職場に持ち込み、ちょっとした時間にサプリメントを飲むことで手軽に大豆イソフラボンを摂取できます。また大豆製品が苦手な方もサプリメントなら苦手を感じることなく大豆イソフラボンを摂取することができます。もちろん毎日の生活の中から大豆イソフラボンを摂っていくのが基本ですが、それが難しい時にサプリメントを利用した摂り方を利用するのはとてもいいことなのです。

「大豆イソフラボンを多く含む食品の自然な摂り方」のまとめ

大豆イソフラボンは健康や美容のためにいい成分ですが、大豆製品からの摂り方が難しいという方はもっと手軽で簡単に摂れるサプリメントの活用を試してみると負担なく継続が可能です。

関連記事

  1. 豆乳と大豆 大豆イソフラボンの効果的な摂取量は?【摂り過ぎには注意】
  2. [監修済] 大豆イソフラボンは生活習慣病予防に優れている 
  3. 大豆イソフラボンでダイエットを成功に導こう!【摂り入れるポイント…
  4. [監修済] 大豆イソフラボンによるエストロゲン様作用による美肌効…

ピックアップ記事

カテゴリー

PAGE TOP