オルニチン

オルニチンの効果は二日酔いだけじゃない!【美肌や体臭にも?】

オルニチンの代表的な効果といえば飲酒のサポートや二日酔い予防ですが、その他にも健康効果が期待できます。オルニチンはしじみに多く含まれる栄養素でテレビなどでもオルニチンのサプリメントが宣伝されて人気があります。

Fotolia_59384442_XS-min

オルニチンの効果は肝臓や腎臓の働きをサポートしてくれるしじみに含まれている栄養成分ですが、実際にしじみから摂取するのが難しい方はサプリメントから摂取してみてはいかがでしょうか?オルニチンは二日酔いだけではなく、疲労回復や美肌などにも期待できます。

オルニチンの効果は?

オルニチンと言われても普通の人にはピンとこないかもしれませんがオルニチンは人間にとってとても大切な作用があるのです。オルニチンの効果は、有害なアンモニアを無害な尿素に代謝する他にも、肝臓の働きを保全したり、肝臓でのタンパク質合成を高めるはたらきなど、人間の身体にとって重要なものばかりなのです。オルニチンを摂取することによって身体の疲れを改善する効果もあります。実際にオルニチンを摂取した人と摂取してない人では、思考回路が改善される割合が接種した人の方が高いという研究報告もされています。

Brain

そしてこの時期忘年会などでたくさんアルコールを飲みすぎ二日酔いで苦しんでいる方もいると思いますが、オルニチンは、この二日酔いなどのアルコール性疲労も改善するはたらきがあると言われています。

Fotolia_47711041_XS-min

オルニチンを含む食品を摂取するとお酒を飲んだ次の日に二日酔いになりにくいという研究結果が出ています。

オルニチンの副作用は?

オルニチンは、肝臓のはたらきを保全したり有害なアンモニアを無害に代謝したり以外にも身体がだるいといった疲労を改善するはたらきもあります。健康にいいので手軽にオルニチンが摂取できるとサプリメントが今人気を集めています。しかしビタミンKを過剰摂取しすぎると下痢や嘔吐になるようにオルニチンを過剰摂取するとお腹が痛くなったり下痢になったりという副作用があります。

Fotolia_59656491_XS-min

どのぐらいを摂取したら副作用になるかというのは摂取した人の体調や体質などで変わってくるので自分の適正な摂取量を知り過剰に摂取しすぎないことが大切です。「オルニチンに副作用なんてない!」と言っている人もいますがオルニチンにしても他の栄養素にしても過剰摂取はよくありません。

摂取量は?

オルニチンを過剰に摂取するとお腹が痛くなったり下痢が止まらなくなったりという副作用がありますが、適切なオルニチンの摂取量はどのくらいだと思われますか?

健康な成人であれば、オルニチンを摂取していい量は400ミリグラムから1000ミリグラムくらいだと言われています。

オルニチンを食品から摂取しようと思っている人は、このような量を言われてもよくわからないと思いますが、オルニチンが含まれている事で有名なしじみは100グラムに15ミリグラムほどオルニチンが含まれています。

sijimi-min

なのでしじみを1キロ食べても150ミリグラムなので過剰摂取にはなかなかならないのです。このように少ししか含まれていないのでサプリメントで補給する方もいらっしゃると思いますがサプリメントでオルニチンを摂取するときにはこの摂取していい量をしっかりと守りましょう。

腎臓の負担を軽くする

オルニチンには有害なアンモニアを無害な尿素に代謝するはたらきがあるので、腎臓が尿を排出するためにとても必要な栄養素です。

Fotolia_46773932_XS-min

身体の中のオルニチンが不足してしまうとこの有害なアンモニアを無害にするはたらきが遅れてしまい身体に有害なものが溜まっていってしまいます。そうならないように腎臓や肝臓もこのはたらきをしなければなくなってしまい腎臓や肝臓の負担が大きくなってしまうのです。腎臓への負担が大きくなってしまうと腎臓の疾患になってしまう可能性があります。しかも腎臓の障害は様子がおかしかったり痛みを感じたりなどの自覚症状が出にくく気づいた時には疾患が取り返しのつかないところまでの状態になっていることがあります。なのでオルニチンをしっかりと摂取して少しでも腎臓の負担を減らしてあげましょう。

肝臓の働きをサポート

オルニチンは肝臓のはたらきを保全する作用があると言われています。ところでなぜ二日酔いになると思いますか?肝臓は、アルコールを無害化するはたらきがあります。しかしこれから多くなる忘年会などでアルコールを大量に摂取してしまうとアルコールを分解するはらたきで手一杯になり無害化にまで手が回らなくなってしまうのです。

Fotolia_39395718_XS-min

無害化されないので不快な気分になりそれが二日酔いになるのです。なのでオルニチンをしっかりと摂りましょう。オルニチンは肝臓のはたらきが低下するのを食い止め肝臓機能の修復を行ってくれます。そしてオルニチン自体にも無害化し排出するはたらきがあるので肝臓を酷使しなくてもよくなるのです。

成長ホルモンで美肌効果も!?

オルニチンには睡眠中に成長ホルモン分泌が促進するはたらきがあります。睡眠中に作られる成長ホルモンには美肌に必要なコラーゲンを作る働きを促進する作用や新しい細胞を増殖する作用があります。それなので肌の状態を改善し美肌にするはたらきがオルニチンにはあるのです。シンデレラタイムという夜22時から2時までは成長ホルモンが多く作られると言われています。

Fotolia_62665378_XS-min

それに合わせてオルニチンを摂取するとよりその効果が期待されると言えるでしょう。オルニチンを含んでいる食品と含んでいない食品とをそれぞれ食べた成人女性の成長ホルモン量を調べたところオルニチンを含んでいる食品を食べた成人女性の方が睡眠中の成長ホルモン分泌量が多かった事が研究でわかりました。仕事や家事の疲れが肌に出てしまいがちな女性はオルニチンを多く含んだ食品を意識して摂るかサプリメントなどでオルニチンを補給するといいでしょう。

国産しじみエキス粒【Wのオルニチン】

明治15年から現在に至る130年もの間変わらぬ製法を守り続けるまさに「日本最古のサプリ」です。

Wのオルニチン

しじみにんにく極

19種類のアミノ酸が疲れた体に更なる元気を呼び覚ます!しじみは「生きた肝臓薬」、にんにくは「自然の抗生物質」といわれる昔ながらの健康食材オルニチンをプラスしたしじみにんにく極でパワー全開!

しじみにんにく

ダイエットにも効果がある?

オルニチンは身体の中に摂取されると、まず腸で吸収され、肝臓や腎臓、筋肉などのはたらきを助ける作用があります。それ以外にも脳の視床下部に作用し、細胞増殖作用やコラーゲン作成などの成長ホルモンの分泌を促進します。

Fotolia_43513885_XS-min

成長ホルモンは糖質や骨、水分やミネラルなどの代謝を促進するのでダイエットにとても効果的なのです。その他にもダイエットに効果のある脂肪の分解やタンパク質の合成を促進することが出来ます。成長ホルモンは、大人になるにつれて減ってしまい身体の中からオルニチンが減ることによって脂肪の分解が進まずに体脂肪が増えコレステロール値が増加してしまいます。そしてタンパク質の合成も進まないので、筋肉がつきにくなりダイエットの効果を半減してしまうのです。なのでダイエットをしようと考えている人はオルニチンが含まれているシジミやサプリメントなどでしっかりと摂取すると効果があると思います。

体臭が気になる方にもおすすめ

オルニチンには体臭を予防する効果があります。

Fotolia_64792139_XS-min

男性の方などは特に年配になると加齢臭がしてきます。おやじ臭と言われるようなこの加齢臭は仕事中や周りの人から嫌な顔をされることもあるかもしれません。この体臭の原因はアンモニアが含まれているからです。肝臓はこのアンモニアを無毒化して便やおしっこなどで体外に排出するはたらきをしています。しかしオルニチンが身体に足りない時には肝臓がこの機能をしっかりと出来なくなってしまうのです。そうなることによって血液の中のアンモニア濃度が高くなりアンモニアが皮膚の毛穴から汗やガスとして排出されてしまうので身体が臭ってしまいます。なので体臭が気になる人はサプリメントなどでしっかりとオルニチンを摂取することが大切です。

口コミでは賛否が分かれる?

オルニチンのサプリメントの口コミは高評価が多い印象を持ちました。オルニチンのサプリメントを1週間飲んでいる女性は、5日目くらいから朝の目覚めがよくなったそうです。

Fotolia_47730949_XS-min

その他にも仕事の疲れが翌日に残りにくくなってきている方も多く、二日酔いの症状に悩まされなくなった40代の男性もいらっしゃいました。オルニチンのサプリメントを半年夫に飲ませている女性からは夫の加齢臭が気にならなくなって本当に感激している口コミもありました。20代の女性は、肌質がよくなって毎日身体が軽くなったという方もいらっしゃいます。

しかし、その多くの口コミの中にも、

  • 全く変わらなかった
  • 下痢になり体調を崩した

などのマイナス意見もありました。オルニチンは過剰摂取すると下痢や胃痛などの副作用があるので、サプリメントなどでオルニチンを摂取するときには記載されている量をしっかりと守ることが大切ですね。

オルニチンの効果は二日酔いだけじゃない!【美肌や体臭にも?】のまとめ

しじみは健康に良い食品といわれていますが、このオルニチンの効果のおかげです。

PAGE TOP