ハイドロキノン

[監修済] 美容効果のあるハイドロキノンを含む食品の摂り方

最近注目を浴びている成分のひとつが、このハイドロキノンと呼ばれている成分で、美肌効果にとても良く効くとされています。食品中にもふくまれているものですが、その摂り方にも少し工夫が必要なようです。

ハイドロキノンとは

ハイドロキノンは、ヒドロキノンと呼ばれている化合物の事で、p-ベンゾキノンの還元によっても工業的に得られる成分です。特性は常温常圧で無色の固体であり、水にもエーテルにもよく溶けますが、還元力も強い事が知られており、簡単に酸化し、ベンゾキノンとなります。もともとは、写真の現像過程で利用されていたもので、還元剤として使用されていました。また、光や熱の影響によって変異する物質に、重合禁止剤として用いており、染料やゴムの酸化防止剤などの原料としても用いられています。

さらに、強度に優れて耐熱性のあるエンジニアリング・プラスチックの強化にも利用されており、また農業用には農薬にも原料の一部に利用されているものです。現在の主な製造方法は、劇薬であるフェノールの酸化によって製造されており、フェノールはかなり毒性が高く、腐食性がある事で皮膚に触れると、火傷のような薬傷を引き起こす事で知られていますので、劇薬にされているのです。ヒドロキノンは、近年ようやく厚生労働省からの規制緩和がありましたが、医薬部外品としてハイドロキノンの名称で呼ばれています。

ハイドロキノンの利用経緯

ヒドロキノンは、しみの原因なっているメラニン色素を還元するという優れた効果が知られながら、長い間化粧品などの実用化には至っていませんでした。その原因は、酸化しやすい事にあり、外出によって紫外線を浴びてしまうと、変質して「キンヒドロン」とういう物質に変化してしまうからでした。このキンヒドロンは、ポリエステル樹脂の原料の重合禁止剤としても使われているもので、経口で毒性があり発がん性がある事がわかっています。また目や皮膚に付着した場合には、皮膚炎を起こす事もあるので速やかに洗い流さなければなりません。

ヒドロキノンは変異によって、こうした毒性のあるものに変わりますので、長い間利用される事ができなかった訳です。現在は、WHOの外部機関である「国際がん研究機関」において、比較的安全なものであるとされており、2001年に日本でも規制が緩和される事になりました。現在は医薬部外品としての扱いで、美白剤として処方されていますが、こうした商品の使用中や使用後などには、日焼け止めの利用や外肌を守る為、紫外線を余り通さない衣服の着用が勧められています。

ハイドロキノンを含む食品の摂り方

ハイドロキノンを含む食品には、嗜好品で良く飲まれているコーヒーや紅茶にも含まれていますので、摂り方としては飲用するだけで簡単に取る事ができます。また多くの食品にも含まれることが多く、これらを摂取する摂り方は食べる方法によるものになるでしょう。食品としてはイチゴ類や麦芽などに多く含まれ、細菌類や海洋生物などにも含まれるものがあります。ただ食品で食べたからといって強い、美肌効果が得られるものではありませんので、日頃の食生活がもっとも重要となって来る事でしょう。

美容効果が高いものには、抗酸化作用が強く美肌効果の高いビタミンCがあり、コラーゲンの生成にも役立ちますので、こまめに摂って行きたいものです。また、ビタミンEにはビタミンCをサポートする役目もあり、老化を減速してくれる効果があります。また、ミネラルであるセレンにはビタミンEを補助して、抗酸化作用にありますので、併用する事で効果がアップします。さらに、忘れてはならないものがβカロテンで、同時に高タンパク質からアミノ酸を摂取する事で、相乗効果が得られるでしょう。

ハイドロキノンの利用と効能

ハイドロキノンの美容効果には、様々な美白や美肌効果がある事がわかっています。女性の悩みの原因であるシミやそばかすを防ぐ効果もあり、肌の状態を改善してくれるだけではなく、肌のターンオーバーを促す効果があるとされています。また、毛穴やくすみを目立たなくさせる作用があり、ヤケドや炎症などで残ったシミなども消してくれるという嬉しい効能もあるのです。欠かさずケアしていく事で、ソバカスやニキビなどの予防対策としても、用いられる事でしょう。

またこのハイドロキノンと、併せてお使いになる事で、相乗効果の出る成分が「トレチノイン」というもので、同じく医薬部外品とされているものです。トレチノインは、ビタミンA誘導体とされているもので、人間の体内にも存在しています。単独としての効果は皮膚細胞の活性を促し、皮膚をみずみずしい状態へと導く働くがあり、これといった副作用も無いものです。ハイドロキノンと併用して使う事により、その相乗効果があるとされていますので、同じ様に用いる事でお肌のケアに欠かせないものとなっていく事でしょう。

「美容効果のあるハイドロキノンを含む食品の摂り方」のまとめ

ハイドロキノンには、優れた美白効果が望める効果があり、加齢によるシミ取り効果も効果が高いとされていますが、もともと酸化しやすい物質である為に、効能期間を過ぎて使用すると肌に害が出る事があります。

関連記事

  1. [監修済] 効果的なアミノ酸の食品からの摂り方とは
  2. カシスを食品として上手に摂り入れる方法【お手軽簡単】
  3. 炭水化物は身体のエネルギー源!【食品での摂り方】
  4. オキシカインを食品から摂るには?【効果的な摂り方】
  5. [監修済] 体にいいアスパラチンを多く含む食品と効率のいい摂り方…
  6. レジスタントスターチの健康効果【食品からの摂り方】
  7. [監修済] 健康と美容にいいRNA(リボ核酸)を多く含む食品の理…
  8. [監修済] ノコギリヤシと同じような成分を持ち脱毛や薄毛に効果的…

ピックアップ記事

  1. トマトのイラスト

カテゴリー

PAGE TOP