フェルラ酸

[監修済] 新注目の栄養成分、フェルラ酸を含む食品の摂り方

日々色々な栄養成分が注目を集めますが、最近話題になっているのがフェルラ酸です。ここではフェルラ酸が注目される理由と、含まれる食品とその摂り方を紹介していきます。

フェルラ酸とは

フェルラ酸とはポリフェノールの一種です。植物の細胞壁などに含まれています。ポリフェノールの一種であるため抗酸化作用があるのでアンチエイジング効果が期待できる成分です。しかし、最近ではアンチエイジング効果の中でも認知症予防に効果があるとして注目を集めています。特に、軽度のアルツハイマー症については症状が改善したという症例も出ているのです。

フェルラ酸のポリフェノールが抗酸化作用があること、紫外線の吸収効果があるということから最近では食品や医薬品、化粧品の原料としてもしようがされています。化学合成で抽出して製造されていたのですが、最近では米糠より抽出するという技術も見つかっています。歴史としては、1886年にオーストラリアで発見されたのですが、1935年にマロン酸とバニリンによっての合成方法が確立したこと、そこからその性質や特徴の研究が進んだことで注目を集めました。その後、日本では食品添加物として使用されたことが国内で使用された始まりとなっています。

フェルラ酸の働き

フェルラ酸のアンチエイジング効果を利用して日本では酸化防止剤として使用されてきました。バナナの黒くなるのを防いだり、グリーンピースの緑を保ったりするのはこのフェルラ酸が食品添加物として使われています。最近では、フェルラ酸が含まれているγ-オリザノールや米ぬか油抽出物にも酸化防止効果があるということで、同じように酸化防止剤として登録をされています。化粧品として使われるのは、メラニンの生成を抑えること、紫外線の吸収性が高いことが理由です。

しかし、最近では脳への効果が高く注目されています。フェルラ酸には脳神経の保護作用があることが明らかになったのです。フェルラ酸には廊下やストレスによって脳が炎症を引き起こしたっっさいの修復効果もあるとされています。そのため、アルツハイマー症患者を対象に行った研究では、脳のアルツハイマー症状の改善や症状を抑える効果も見られています。

同様に学習記憶機能の向上効果があるとして、発達障害者への投与による効果の研究も進んでいます。今のところ、摂取をすることによって発達障害者が抱える生活課題をうまくクリアできる機会が増えている傾向が見られています。

他にも美白効果や大腸ガンの予防効果といったものも発見されています。特に美肌効果は高いとされており、肌のシミやくすみそばかすといったものに直接働きかけてくれるため、メラニンの生成を抑制することができます。さらには肌の色素沈着を防ぐ効果もあるので肌がきめ細かく透明感のある美しい白い肌を手に入れることができます。

フェルラ酸の摂り方

フェルラ酸は食べ物の種子の細胞壁に存在しているものです。そのために、私たちが日常的に食事で摂取することは難しいのです。昔は精製していないお米を玄米のままで食べていました。そのため、フェルラ酸が多く含まれたお米を食べていたのです。しかし、今は精米技術が進化してしまったために、お米の中にはほとんどフェルラ酸が含まれていません。他にもコーヒーや野菜にも含まれており、最近注目されているファイトケミカルがこれにあたります。しかし、畑の肥料が衰え、野菜自体が持つエネルギーが低下していたり食品として精製されることが増えたりしており食品からの摂取が難しくなっています。フェルラ酸は一日に50mgから125mg必要と考えられています。しかし、今の私たちの食事では白米をご飯いっぱい食べても6mgしか摂取ができません。

有機野菜や玄米を食べることでフェルラ酸を含んだ食事をとることはできます。ただし、これは継続的に行うことはかなり難しいです。やはり摂取としてはたまに、とか時々というのでは効果が期待できません。そこで、効果的な撮り方としては最近では食品ではなくサプリメントでの取り方が注目されています。

フェルラ酸を含まれたサプリメントを摂取する際に木になるのが副作用です。基本的にサプリメントで摂取する際には一日の摂取目安に準じた摂取量が規定されています。この量を守っての摂取であれば特に不安になる必要はありません。また、今の所フェルラ酸を摂取しすぎて何かアレルギーが出たりショック症状が出たりという報告も見受けられません。そこで副作用の心配をせずに摂取をすることができます。また、サプリメントには粉末タイプと錠剤タイプがあります。どちらを摂取した方がどうということは特にありません。そこで自分の飲みやすいタイプを選んで飲むようにしましょう。

「新注目の栄養成分、フェルラ酸を含む食品の摂り方」のまとめ

フェルラ酸はこれから認知症予防、アルツハイマー症の症状軽減、アンチエイジング効果とたくさんの期待がされている成分です。摂り方としてはサプリメントでの摂取がメインになりますから、自分の飲みやすいタイプのものを選んで飲むようにしましょう。

関連記事

  1. [監修済] フェルラ酸の不足と過剰摂取の弊害について
  2. [監修済] 認知症予防などに効果が期待されるフェルラ酸の働きや効…

ピックアップ記事

  1. バナジウム

カテゴリー

PAGE TOP