糖質

[監修済] エネルギーになり体の健康を支える糖質の種類について

糖質はエネルギーとして使われ、脳の唯一の栄養源になります。糖質には様々な種類があり、それぞれに特徴があります。具体的にどういった特徴が見られ、どのように摂取したらいいのでしょうか。

糖質の中で最も小さい単位の単糖類

糖類は単糖類と多糖類に分類されますが、これ以上小さな単位に分けることができないものを単糖類と呼びます。単糖類は主にブドウ糖や果糖、ガラクトースなどがあります。中でもブドウ糖は脳にとって唯一の栄養源となっており、人間の活動を健康に行っていくために欠かせない重要な成分となっています。単糖類の特徴としては多糖類に比べて分解する必要がないので消化吸収がスムーズな点が挙げられます。

消化吸収がスムーズな点ではメリットとデメリットの両方が存在します。まずメリットとしてはスムーズに消化吸収がされるのでエネルギーになりやすいという点が優れています。低血糖になった時にはすぐにエネルギーを補給しなければなりませんが、多糖類なら消化吸収に時間がかかってしまい不適当です。それに対して単糖類ならすぐに血糖値が上がりエネルギーになるので最も優れていると言えます。また胃腸への負担が小さいので胃腸が悪い方でエネルギー補給をしなければならない時には特に適していると言えるでしょう。

反面デメリットとしては血糖値が上がりやすいので、血糖値が上がりやすい方、また糖尿病などの方は体への負担を考えると単糖類はあまり摂取しない方がいいと言えます。単糖類の特徴はメリットでもあり、また人によってはデメリットになるという点があります。

糖質の2つのうちのもう1種類である多糖類

多糖類は単糖類が結合したものです。例えば毎日のように使用している砂糖の主成分であるショ糖はブドウ糖と果糖が結合した多糖類です。また乳製品に含まれている乳糖はブドウ糖とガラクトースが結合したものです。このように様々な食品にいろんな多糖類が含まれているのです。多糖類の特徴としては結合をしているので体内に入ったらまず結合を切り離す作業が必要になります。ですから消化吸収の面で単糖類よりも時間がかかる点が挙げられます。これはメリットでもありデメリットでもあるのです。

メリットとしては消化吸収に時間がかかるので早急に血糖値を上げないという点です。単糖類にしても多糖類にしても血糖値は上がるのですが、多糖類の方がその速度が多少遅いのであまり血糖値を急激に上げてはいけないような方には多糖類を与えた方がいいでしょう。またデメリットとしては消化吸収に時間がかかるので、低血糖時にはブドウ糖よりも対応が遅くなってしまいます。低血糖症状を引き起こした場合にはブドウなどの単糖類が適しています。

種類によって活用する場面が異なる糖類

糖類も種類によっていくつかに分類されますが、それぞれの糖類には適した使い方があります。働きも異なっているのでそれに合った選択をしていくことが必要になります。まず単糖類ですが、一般的には料理や飲み物を飲む時などにはあまり使用しないものです。そのため一般的には多糖類を選択することになります。多糖類の中で最も利用頻度が高いのがショ糖です。これは砂糖の主成分です。砂糖は価格も安価で使いやすく、また味もしっかしとした甘さがあるので料理などに使用すると味付けが簡単という特徴があります。また乳糖ですが、一般的には乳製品に含まれており、単独で料理に使用することはありません。乳製品にはカルシウムなどが含まれているので時々活用したいものですが、その時に乳糖を自然と乳製品から摂取することになります。麦芽糖はブドウ糖同士が結合をしたものですが、甘さは控えめで砂糖よりも上品な味わいをしています。人によっては砂糖よりも甘さが控えめなので好む方もいます。

単糖類は低血糖時など、体の働きを改善するなどで活用することが多いものです。特にブドウ糖は緊急時に備えて持っておくととても便利なものです。また単糖類の果糖は果物に多く含まれていますが、血糖値を急激に上昇させないので、血糖値に関してトラブルを抱えている方が糖分の摂取を行いたい時には適しています。

サプリメントとして活用できる糖類の中の種類

糖類の中でもサプリメントとして活用されているものがあります。ブドウ糖は緊急時にとても役立つ糖類で、サプリメントとして常に持ち歩いている方がいます。低血糖症は急激に血糖値が低下して、めまいや体の震えなどが起こります。そんな緊急時にブドウ糖を飲むことですぐに血糖値を上昇させ、血糖値を安定させて症状の改善を図ることができます。ブドウ糖は消化吸収に時間がかからないので緊急時には即座に対応をすることができるものです。

低血糖症状のある方はサプリメントとしてブドウ糖も常に持ち歩いておくといいでしょう。もちろん食事の時間が空きすぎるのを避ける、ダイエットなどで食事の量を極端に減らすなどを行わないことも合わせてやっていくことも大切です。その上でブドウ糖を適宜利用することが大切です。

「エネルギーになり体の健康を支える糖質の種類について」のまとめ

糖類にも種類があり、それぞれに特徴があります。またメリットとデメリットがありますが、サプリメントとして活用できるブドウ糖は低血糖などを持っている方にとって大きく価値がある糖類です。

関連記事

  1. [監修済] 糖質制限とダイエットには綿密な関連性がある 
  2. 糖質制限ダイエットの落とし穴【糖質不足のリスク】
  3. [監修済] 糖質を摂りすぎると危険?!過剰摂取による怖すぎるトラ…
  4. [監修済] バランスが肝心。疲労回復に役立つ糖質の働き
  5. [監修済] 糖質の種類とその働きについて:糖質不足の危険性につい…
  6. 糖質の多い食品・少ない食品【糖質制限ダイエットに役立てよう】

ピックアップ記事

カテゴリー

PAGE TOP