フラーレン

[監修済] 高い抗酸化力があるフラーレンを含む食品や効果的な摂り方について

高い抗酸化力で健康や美容に効果が期待されているフラーレンですが、食品にフラーレンを含むものが存在するのか、また効果的な摂り方にはどのような方法があるのかについて考えます。

フラーレン配合の化粧品

フラーレンは食品に含まれている物ではなくその有効成分の摂り方としては経口摂取ではなくフラーレンの成分が配合されている外用化粧品を利用することが最もおすすめの方法です。フラーレン化粧品の選び方についてはフラーレン配合化粧品ロゴマークを目印にするといいでしょう。フラーレンは、水溶性、油溶性、両性の3種類があり化粧品に配合されているフラーレンの量が全体の1%以上のものにロゴマークが付けられています。

フラーレン配合の化粧品といっても様々な種類があり配合量が少ない物については効果がでにくいこともあるのでロゴマークの確認は大切です。フラーレンと相乗効果が期待できる成分としては、ビタミンC誘導体やアスタキサンチン、イソフラボンやカミツレ花エキス、ヒアルロン酸などがあり、このような美容成分を同時に摂取することによってより効果が期待できるといえるでしょう。なかでもビタミンC誘導体にはアンチエイジングや美白効果もあるため一般的なビタミンCよりも浸透力が高いといわれています。

フラーレンの浸透性

フラーレンは発見者がノーベル化学賞を受賞するほどの画期的な発見であり、ダイヤモンドと同様に炭素のみから構成されている物質です。フラーレンが注目されている最大の特徴は抗酸化力でビタミンCの125倍ほどともいわれています。摂り方としては食品ではなく外用の化粧品として摂取する方法であり、パッチテストなどで安全性を確認したところ問題はありませんでした。成分の安定性とともに安全性が極めて高いため様々な化粧品の材料として使われています。

フラーレンが化粧品の材料として適しているもうひとつの理由は、分子サイズの小ささです。いくら美容成分の効能が優れていても肌に浸透していかなければ表皮のみの作用で肌細胞の活性化自体を促進することができません。フラーレンの分子サイズはナノレベルであるため肌の角質層に浸透し深部まで栄養成分を運ぶことができるのです。したがって肌の奥にシミやくすみの予備軍として隠れているものにもきちんと作用してメラニンの生成などを抑えてくれる働きがあるといえるのです。

水溶性フラーレンと油溶性フラーレン

水溶性フラーレンは水に溶けやすくするために高分子ポリマーを使用しています。水分量の多い化粧水や美容液に配合されていて高濃度かつ効率的な摂り方としておすすめです。油溶性フラーレンは、植物性スクワランをフラーレンに溶かしたものでクリームや乳液など少し粘着性のある化粧品に配合されています。油溶性フラーレンは、添加物がないナチュラル性が高いものであるとともに肌への浸透性が高いというメリットとともに水に溶けにくいため化粧品に濃度を高めて配合することが難しいというデメリットがあります。

私たちの肌はよく乾燥肌やオイリー肌などと区別されることもありますが、水分と油分両方を含んでおり、潤いとともに外部刺激から守る働きもあるため毎日のスキンケアではどちらも補給する必要があります。食品では摂取することができない成分なので、できれば水溶性、油溶性どちらも配合されたものを使うのが理想的といえるでしょう。フラーレンの含有量は全体の1%以上が基本となるので化粧品に配合されている量や濃度を事前にチェックしてから使用することをおすすめします。

フラーレン配合化粧品の選び方

フラーレンは食品に含まれる栄養成分ではないため外用で肌に浸透させることが最も良い摂り方といえます。フラーレン配合化粧品は市場に数多く出回っていますが、まずチェックするのはロゴマークで品質に間違いがないことを確認することができます。フラーレンの濃度は1%が基準になるといわれることが多いのですがそれ以上の濃度の化粧品を使う必要はないのでしょうか。多くの美容成分は高濃度であればあるほど高い効果が期待できるとともに値段も高価になります。

フラーレンは配合量が5%を超えると原液扱いとなり価格も高くなります。しかしメーカーは1%配合で十分に効果が期待されるとしており、原液でフラーレンのみを摂取するよりもビタミンC誘導体などの他の美容成分が同時に配合された化粧品の方が美容効果がアップすると説明しています。ビタミンCが配合されている化粧品は多くあり通常は肌に塗ってもすぐに酸化してしまうのですが、フラーレンには強い抗酸化力があるためビタミンCの酸化を防ぎ効果が得られやすくなるといえるでしょう。

「高い抗酸化力があるフラーレンを含む食品や効果的な摂り方について」のまとめ

抗酸化作用がアンチエイジングや美肌に高い効果をもたらすといわれているフラーレンは食品に含まれる栄養成分ではないため、摂り方としては1%の濃度で配合された化粧品を外用で摂取するのがおすすめです。

関連記事

  1. [監修済] 高い抗酸化力から様々な働きや効能が期待されているフラ…

ピックアップ記事

  1. 中性脂肪のイラスト
  2. グレープフルーツ

カテゴリー

PAGE TOP