セラミド

[監修済] 美容効果の高いセラミドを食べ物で摂取するには?

セラミドとは、とても有効な保湿成分であり、化粧水や美容液、美容クリームなどに含まれています。セラミドの保水効果はとても高く、美容に良い成分として真っ先に名前が上がるほどです。そのようなセラミドは、化粧水や美容液として肌に塗るだけでなく、サプリメントや食品などで内側からも補っていくとより美容効果が高まります。セラミドを多く含む食品を知っておくとよいでしょう。

セラミドは食べ物からも摂取することができます

セラミドはもともと人間の身体に含まれている成分ですので、もちろん食事にも含まれています。セラミドを含む食品としておすすめできるのがコンニャクイモです。コンニャクイモはセラミドが多く含まれており、100g食べただけで1日の必要量をクリアすることができます。コンニャクイモに含まれているセラミドの種類は、植物性グルコシルセラミドと呼ばれて、セラミドとブドウ糖が結びついたものですがセラミド1と近い性質を持っており、保湿力が高いことで有名です。さらに、栗にも質の高いセラミドが含まれていることが、最近の研究で分かってきています。栗由来のセラミドは、人間の身体にあるセラミドとかなり近いかたちをしています。そのほかには、カリフラワー、大豆、黒豆、小豆、ヒジキ、ごま、キャベツ、牛乳、たまねぎ、わかめなどいろいろな食品に含まれています。

セラミドを多く含む食品の特徴について

セラミドを多く含む食品は多岐にわたりますので、気をつけてさえいれば毎日の食事でセラミドを摂取することができます。セラミドを多く含む食品は特に、コンニャクや黒豆、小豆、ごぼう、わかめ、ヒジキ、そば、コーヒー、紅茶、黒コショウなど、黒色の食品にその含有量が多いと言われています。ですので、日常生活においては黒色で健康的な食品を摂取するとよいでしょう。一日に必要なセラミドは600μg~1200μgと言われています。これは、白米なら25杯というとてつもない量です。ちなみに玄米では10杯ですが、こんにゃくならば半分程度で済みます。各食品のセラミド含有量はそれぞれ違いますので、しっかりと調べてから摂取することが必要になります。そして、セラミドは食品として摂取した部分がすべて身体に身につくというわけではありません。消化したり吸収されたりする過程において、多少は排出されることを考えると、セラミドはやはり一日の必要量よりももっと多くの量を摂ることが必要になります。

セラミド生成を助ける食品も併せて摂取しよう

セラミドは体内で生成される物質で、細胞と細胞の間を水分や油分と親和してうるおわせる細胞間脂質という成分の50パーセントを占めるものです。そのため、セラミドを体内でしっかりと生成させてやることも必要になります。セラミドが多く含まれる食事だけをしてよいというものではなく、セラミド生成を助ける食品を摂取することでより体内でセラミドを作りやすくする必要があります。そのためには、血行を促進して皮膚の毛細血管までしっかりと栄養をいきわたらせる食品をともに摂取するとよいです。玉ねぎやジャガイモ、サトイモ、カリフラワーや白菜、キャベツなどは血行を良くする働きがありますので、セラミドとともに摂取するとよいでしょう。

セラミドの敵となるような食べ物もあります

セラミドの生成を助けるような食品がある一方で、体内のセラミドを減らしたりセラミド生成を阻害する食品も数多くあります。たとえば、リノール酸の過剰摂取です。リノール酸はひまわり油やコーン油に多く含まれる食品であり、適切な摂取をすれば身体の血中コレステロールによく働くなど一定の役割があります。しかしながらこのようなリノール酸を大量に使っているマーガリンやインスタントラーメンをはじめとするインスタント食品は避けたほうが良いでしょう。特にアトピー性皮膚炎の人にとっては合成化合物や脂質の多すぎるインスタント食品は体に毒です。

セラミドを効率的に摂取するには

セラミドは赤ちゃんの時は多く、加齢により徐々に減っていくものです。そのため、食品などから効率的に摂取することが必要になります。一日の摂取目安量は600μg~1200μgと少なく思えますが、白米にすると25杯もたべなければなりません。ですので、よりセラミドを効率的に経口摂取するには、サプリメントがおすすめです。サプリメントにて摂取することで毎日自分が必要とする量のセラミドを摂取できるからです。

「美容効果の高いセラミドを食べ物で摂取するには?」のまとめ

セラミドは美肌効果の高い保湿成分や肌のバリア機能を高める成分として知られています。このようなセラミドはコンニャクイモに多く含まれるのを筆頭に栗や大豆、黒豆やひじきなどさまざまな食品に含まれています。セラミドの1日当たりの摂取目安量は600μg~1200μgであり、血行を促進する食べ物とともに食べると効果が高いです。このようなセラミドを効率的に摂取するのであれば、サプリメントがおすすめです。

関連記事

  1. [監修済] セラミドの保湿効果ってどのようなもの?
  2. [監修済] セラミドは美肌にいい注目すべき成分です
  3. [監修済] アトピー肌も改善する!知られざるセラミドのパワーにつ…
  4. [監修済] 保湿成分セラミドはアンチエイジングにも有効

ピックアップ記事

カテゴリー

PAGE TOP