難消化性デキストリン

[監修済] 健康と生活習慣病の改善に役立つ難消化性デキストリン

難消化性デキストリンはトウモロコシなどを主成分とする水溶性食物繊維です。難消化性デキストリンを摂取することで、どのような効果を期待できるのでしょうか。またどう摂取したらいいのでしょうか。

難消化性デキストリンの持つ血糖値の上昇を抑制する作用

現代人の食事は精製された食品が多い、また砂糖を多く使用した食事が多いので消化吸収がスムーズで血糖値の上昇が著しいと言えます。また昔の食事のように食物繊維たっぷりの食品が多く並ぶといったことがないのでそれも血糖値の急激な上昇の原因となっています。糖尿病になっている方も多く、血糖値対策はとても重要なことだと言えます。それに対して難消化性デキストリンは血糖値上昇を抑える働きがあるので積極的に活用をしていきたい物質です。

難消化性デキストリンはトウモロコシを主な主成分とした自然由来の物質なので安心して取り入れることができます。難消化性デキストリンは水溶性の食物繊維でわかめや海苔など、海藻類に多く含まれる水溶性食物繊維と同様に血糖値の急激上昇を抑制してくれます。体内に炭水化物を取り入れると消化吸収されてブドウ糖になり、それが血液中に移行しますが水溶性食物繊維を一緒に取り入れると水溶性食物繊維が消化吸収をゆっくりにしてくれるので血糖値の上昇を緩やかにしてくれるのです。難消化性デキストリンを食事と一緒に利用すれば糖尿病の予防に役立たせることができるのです。

難消化性デキストリンの持つ腸内環境を整える作用

難消化性デキストリンは水分を多く抱えて便に柔らかさを持たせる効果を持っています。そのため便秘がちな方には特に活用をしたい物質です。また便の量を増やす効果も持っており、スムーズな排便を行い、肛門の負担を軽減させることができます。難消化性デキストリン自体は体への負担が大きくないのでしっかりと摂ってもいいものですし、日頃から便が硬いといったトラブルを抱えている場合には積極的に利用していくことが大切になります。

難消化性デキストリンの持つもう1つの大きな効果として大腸に生息している善玉菌の餌になるという点です。大腸内には善玉菌と悪玉菌、日和見菌の3種類が生息していますが、中でも善玉菌の活動が活発になっていると悪玉菌の活動は衰えるので大腸の調子を良好に保つことができます。腸内環境が悪いと便がいつまでも残ることになり、それによって有毒ガスが発生し体内を巡っていきます。これが体の不調の原因にもなっているのです。ですからそういったことがないように難消化性デキストリンを多く摂り入れた生活を送ることが大切です。

そのほかの難消化性デキストリンの持つ効果について

難消化性デキストリンには脂肪の吸収のスピードを遅くする効果も持っています。食事に含まれている脂質の吸収を遅らせることができるので、食後の中性脂肪の上昇をゆっくりにさせていきダイエットに役立たせることができます。また内臓脂肪が体につくのを抑える働きも持っています。現代人は脂肪の多い食事をしがちですが、難消化性デキストリンを取り入れていくことで内臓脂肪がつきにくい状態にすることができます。脂肪の多い食事をいつもしている方はもちろん脂肪の摂取を抑えるように心がけるべきですが、同時に難消化性デキストリンを活用していくとより健康に役立たせることができます。

体にとって必要なミネラルは単に多く摂ればそれでいいわけではなく、多く摂り入れても吸収が行われなけば活用していくことができませんし、また体に大きな負担を与えてしまうことになります。そのためミネラルを摂取してそれが十分に活用できるようにするためには吸収がしっかりとなされるようにする必要があります。難消化性デキストリンを取り入れていくことによってミネラルの吸収を促進し、健康維持を図っていくことができます。

難消化性デキストリンはサプリメントによって補う

水溶性食物繊維は藻類などに多く含まれており、藻類などを意識していくことでしっかりと摂取していくことができます。また大麦にも水溶性食物繊維が多く含まれているので、炊飯時に白米に混ぜて炊くとより一層多くの水溶性食物繊維を摂ることができます。しかしながらこれらは毎日きちんと自炊ができる方などに限られます。自分で料理を作ることができない方、また仕事などが忙しくてなかなか水溶性食物繊維を多く食事で摂ることができない場合には他の方法を採用していく必要があります。

難消化性デキストリンは水溶性食物繊維で、サプリメントに配合されて販売されています。そのためサプリメントを毎日の食事と併用していくことで水溶性食物繊維を毎日取り入れることができます。水溶性食物繊維は毎日摂取をしなければ大腸の環境を整えることができません。また血糖値の改善を図っていくことができません。ですから食事で水溶性食物繊維が摂れない日には積極的に難消化性デキストリンをサプリメントで補うようにしてください。

「健康と生活習慣病の改善に役立つ難消化性デキストリン」のまとめ

健康維持などに欠かせない水溶性食物繊維は食品からの摂取可能ですが、忙しいなどの理由で難しい場合には難消化性デキストリンのサプリメントで補うと簡単に摂取ができます。

ピックアップ記事

  1. バナジウム

カテゴリー

PAGE TOP