記事の詳細

時差ボケを一日でも早く解消するにはレモンやメラトニンサプリが有効です。国際間を行き来しなければならないビジネスマンや旅行で海外に行く人には時差ボケがつきものです。時差ボケは辛く日中の活動にも支障がでてきますので、仕事やせっかくの旅行を台無しにしてしまうこともあります。そんな時にはレモンで解消しちゃいましょう。

jisaboke

レモンが時差ボケに効果的な理由とは?

レモンと言う名前を聞いただけで、唾液が出てきて口が酸っぱくなってきます。このレモンには時差ボケを解消してくれる働きがあります。その秘密はレモンのあの独特な香りと酸味にあります。レモンの香り成分リモネンを嗅ぐと体内時計がリセットされるらしい。体内時計の乱れは不眠や日中の眠気、だるさや疲労感。そして何も考えられずにボーっとぼんやりしたり、食欲不振、胃腸や頭重、そしてイライラなどの精神的な不安定など様々な弊害が出てきます。

hand squeezing a lemon

できれば時差ボケにならないように、前もって予防しておくことが大切ですが、それもうまくいかないこともあります。そんな時にはレモンです。レモンの香りと酸味が交感神経を刺激して、体内時計をリセットしてくれます。時差ボケだけではなく、朝に弱い人にもレモンは有効です。朝にレモンを摂るといつもよりも早く体が目覚めてくる感じがします。

メラトニンで時差ボケ回避?

寝つきが悪い人や睡眠を改善したい方に人気のサプリメントをご紹介します。それがメラトニンです。海外を旅する人には定番の「時差ボケ予防サプリ」として知られていて、アメリカなどでは普通に販売されています。メラトニンサプリを使っている人も多く、副作用もないことから人気のサプリです。(眠気を感じるまでの時間には個人差がありますが)

メラトニンとは?

メラトニンとは睡眠ホルモンと呼ばれる。脳の松果体から分泌される物質のことです。私たち人間には体内時計があるといわれていますが、その体内時計が正確に働くことによって、夜になると眠たくなってくるわけです。朝、太陽の光を浴びることで、メラトニンの分泌はストップし、体が目覚めます。そして夜にかけて脳の中でどんどんとメラトニンが分泌されることにより眠くなるわけです。不規則な生活や、強い光に晒されていたり、するとこのメラトニンの分泌が少なくなり眠気を感じなくなります。時差ボケも同じです。そんな時にはメラトニンをサプリで摂取して対策していきます。時差ボケ対策としては、現地の時間に合わせるようにメラトニンサプリを活用します。上手く使うことで朝と夜のサイクルを現地に合わせることができるので時差ボケも少なくなります。

時差ボケにはレモンが有効?定番のメラトニンの効果と比較

時差ボケになってしまった場合には、レモンなどで交感神経を刺激してあげて対策していきます。個人差はあると思いますが、レモンは有効と言えます。メラトニンを利用できる場合には、有効的にサプリを使って時差ボケを解消してみてはいかがでしょうか。

 ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌imp

PR



海乳EX【定期ロングバージョンバナー】
ページ上部へ戻る