αリポ酸

[監修済] アルファリポ酸の効果とは?

 

アルファリポ酸の効果とは?

正直、アルファリポ酸という栄養素、聞いたことがない人が多いと思います。私も最近まで知らなかったんですが。なんでも、体をつくる約60兆個もの細胞ひとつひとつに存在しているんだそうです。つまり、知らないけれど、身近にあった栄養素だったわけです。さて、この栄養素の効果とは何が上げられるんでしょう。筆頭はやはり、疲労回復でしょう。次に肌を若々しく、でもって糖尿病を予防する効果もあるんです。なかなか、侮れない栄養素です。 何故、これだけの効果があるのでしょう。それはやっぱり、アルファリポ酸が持っている活性酸素を除去する抗酸化力のお陰なんです。大体、活性酸素は細菌やウイルスを退治してくれる働きを持っているんですか多すぎると不都合なことが起こりますそれなので、その活性酸素の増加を制限してくれる抗酸化力を持つアルファリポ酸は必要なんです。

アルファリポ酸の副作用は?

ただ、どんなに体にいい栄養素でも、取りすぎると体に悪いんです。 アルファリポ酸は代謝効果を高めてくれるんですが。逆に取りすぎたために食欲不振・悪心・下痢といった症状が上げられるんです。ただ、どれだけ取ったら上記の症状が出るかはっきりとした情報がないんですが。でも、遺伝的要因を持った人がアルファリポ酸を取ると低血糖状態になるんだそうです。

なお、低血糖状態になると冷や汗が出たり体がだるくなったり手足がしびれたり、かなり深刻です。この場合はすぐに摂取をやめたほうがいいです。結局、頻度ははっきりしてないけれど、取りすぎたら食欲不振・悪心・下痢が出ます。だから、取りすぎには気をつけることが必要です。その点を気をつけてください。

3.アルファリポ酸の摂取量は?

取りすぎたら下痢に悪寒といった副作用のあるアルファリポ酸なんですが。だったら、取りすぎずに一日の摂取量を守ればいいのではないかという話なんです。それで、問題の一日の摂取量なんですが。 100mgから300mgで充分なわけです。 ただ、アルファリポ酸は体内で、わずかながらも合成されるんです。

そうはいうものの、アルファリポ酸は食品に含まれる量が少ないんです。それなので、きっちり取りたいのならサプリメントや健康食品で取った方がいいんです。その場合は、製品のラベルや表示をきちんと確認することが必要です。でなければ取りすぎてしまうかもしれないからです。しかも、食事と一緒に摂取すると、吸収率が低下するんだそうです。その点も注意が必要なわけです。

4.アルファリポ酸の飲み方は?

わずかですが体内でも合成されるアルファリポ酸なんですが。食品に含まれている量はごくわずかです。それなので、一日に必要な分のアルファリポ酸を食品で取ろうするのは大変なんです。 結局、サプリメントとかで補うのが一番なわけです。ただ、どうせ飲むなら体が摂取しやすいタイミングを考えるべきです。食事と同時に摂取すると吸収率が低下するのがアルファリポ酸なんです。
なので、飲み方として食事をする30分前ぐらいに摂取するのをお勧めします。さらにはコエンザイムQ10 や ビタミンC、ビタミンEと一緒に摂取するのが効果的です。効果的に飲んでしっかりと効果を感じたいなら是非、サプリメントを購入時にしっかり説明書等を確認しましょう。

5.アルファリポ酸と注射について

アルファリポ酸は老化だけでなく、美容についてもかなり注目されているんです。 何故なら、ビタミンC、ビタミンEの約400倍の抗酸化作用があるからです。そもそも、老化は体が酸化することですから。それなので、高い抗酸化作用があるアルファリポ酸は必要です。ちなみに肌の老化や中年太りを解消するアンチエイジングとしてアルファリポ酸を注射する方法なんです。

そうはいうものの、注射する方法は医療行為に当たるんです。 それなので、アルファリポ酸を注射してもらうのなら病院でお願いしてください。確かにアルファリポ酸注射をしてくれる病院は幾つかあるみたいです。なお、アルファリポ酸はダイエットやアンチエイジング、スキンケアに何かとな効果が期待できるんです。

6.アルファリポ酸と誘導体について

お肌の老化防止に抗酸化力のあるアルファリポ酸を活用するわけです。ビタミンCビタミンEの約400倍なんですから。当然、化粧品に活用するべきですよね。でも、アルファリポ酸誘導体の化粧品があるんです。最近では案外、手軽な値段で購入できるんです。アルファリポ酸は美肌を保つのには欠かせない成分が沢山、あるんです。
それなので、アルファリポ酸誘導体の化粧品というのは美肌を保つために必要なんです。ただ、光、酸化、重合などで、溶液での安定性が悪いんです。分解が進むと悪臭を発生する欠点があります。そんな欠点をものともせずにアルファリポ酸誘導体の化粧品ができたというわけなんです。 お肌のはりとつやのために利用するのもよさそうです。

7.アルファリポ酸とダイエットについて

何度も言いますが、ビタミンCやビタミンEの約400倍とも言われる抗酸化力があるんです。でも、アルファリポ酸はダイエットにも効果があるんです。 何故かと言うと、体内にブドウ糖が入ったら、すばやくエネルギーに変える働きがあるからです。だから、ブドウ糖をエネルギーとして使いきるわけです。それなので、ダイエットに効果があるんですね。実はアルファリポ酸は体内で合成されていくんです。でも、加齢と共に体内でのアルファリポ酸生産量が減ってしまい、基礎代謝自体が減ってしまうんです。それなので、若い頃はいくら食べても太らなかったのに、三十過ぎになったら太りだす場合もあるんです。食べた物をエネルギーに変え、疲れにくくする体を作るのにアルファリポ酸が必要なわけなんです。だから、ダイエット効果があるんですね。

8.アルファリポ酸と不妊について

そもそも、何故、ここに不妊が出てくるんでしょう。最近は女性の晩婚化が進んでいるんです。でも、三十過ぎて結婚、それでも赤ちゃんが欲しい、そんな女性が年々、増えているんです。
が、実は女性の体内にある卵子も当然、老化するんです。というのも卵子はその都度、作られるわけではないのです。卵子はすでに体内に用意されているんです。それで、その卵子が老化したら妊娠しづらくなるというわけです。卵子を若返らせるわけにはいかないのです。でもアルファリポ酸は抗酸化作用があるのです。まだ、卵子の中には質のいいものが残っているかもしれないんです。アルファリポ酸を摂取することにより妊娠できる確率を上げるということです。確率を上げたらそれだけ高齢出産で赤ん坊を抱くことができるかもしれません。

関連記事

  1. [監修済] 脂肪燃焼のαリポ酸&L-カルニチン

ピックアップ記事

  1. グレープフルーツ

カテゴリー

PAGE TOP