フラックスシード(亜麻仁)

[監修済] 最近話題のフラックスシード(亜麻仁)について詳しく解説!

日本でも大きく話題となっているのがスーパーフードと呼ばれているもので、このスーパーフードの一つにフラックスシード(亜麻仁)が数えられているのです。そこで今回はフラックスシード(亜麻仁)について詳しく解説します。

フラックスシード(亜麻仁)って何、日本で栽培されているの?

このフラックスシード(亜麻仁)は古代メソポタミア文明が発達したと言われているティグリス・ユーフラテス川付近で栽培されていたという歴史があり、今から1万年前ぐらいから繊維素材として使われていたとすら言われているものすごい植物です。そして、繊維として世界中に拡散したものとなっており、アフリカには17世紀に、日本には江戸時代に伝わったと言われております。

ヨーロッパでは繊維素材としてではなく薬用にも使えるとヒポクラテスが提唱したとも言われており、薬用としても用いられてもおりましたが、日本での使い方は主に繊維用で化学繊維が安易に作られるようになった1960年第には作られなくなったと伝わっております。

しかし、この亜麻の種子は栄養価がすさまじいということが判明したことで再び脚光を浴びるようになり、もともと栽培していた北海道において再度栽培するために特殊なプロジェクトが発動され、今では十勝地方といった方面にも栽培が広がっております。

結論として、日本では繊維用として栽培していたけれど、一時期ストップされて再びスーパーフードとして脚光を浴びたことで復活して栽培も広がっているということです。

フラックスシード(亜麻仁)は何故スーパーフードと呼ばれているの?

スーパーフードの定義は栄養バランスが非常に良くて他の食品よりも圧倒的に優れている部分があるか、通常の食品よりもバランスも栄養価が高いものということです。これは日本スーパーフード協会の説明にもあることなのですが、この日本スーパーフード協会にスーパーフードであると認定された食品は日本でもものすごい人気となっており、大注目となっております。フラックスシード(亜麻仁)以外には、アサイーやチアシードといったものが有名でしょう。

ただし、これらのスーパーフードには共通点があってタンパク質や炭水化物といったものをそこまで含まれていないということなのです。あくまでミネラルや必須アミノ酸、そしてビタミンといった栄養素が豊富だと考えてください。

このことからも分かるようにフラックスシード(亜麻仁)には鉄分やカルシウムといったミネラルが豊富に含まれていて、βカロチンやビタミンEといったビタミン類、さらには亜麻リグナンといった特殊ポリフェノールや食物繊維も含まれているのでスーパーフードと認定されたのでしょう。

フラックスシード(亜麻仁)の効果は?

スーパーフードに認定されるほど栄養価が豊富なフラックスシード(亜麻仁)ではありますが、その中でも際立っているのはリグナンの量と、オメガ3系必須脂肪酸のαリノレン酸、そして豊富な食物繊維ではないでしょうか。

まず、このフラックスシード(亜麻仁)は含有量の1.2%がリグナンと言われており植物の中には最も含まれているとすら言われております。このリグナンは非常に抗酸化作用が強いので、肌トラブルといったものの解消にも使えるでしょうし、さらに女性ホルモンのエストロゲンと同様の働きができることから更年期障害といったホルモンバランス異常によって引き起こされる弊害も回避できるようになるとすら言われております。最近は、若い人でもホルモンバランスが乱れがちでいろんなトラブルを引き起こしているので、年齢問わずに重要な栄養素とも言えそうです。

そしてオメガ3系必須脂肪酸のαリノレン酸もこのフラックスシード(亜麻仁)の成分中の20%も示しており、体内でDHAやEPAに変換されることからコレステロール値に自信がない人にとって強い味方となってくれるのです。いわゆる血液をサラサラにしてくれるというやつですね。また、現代日本人はオメガ6系必須脂肪酸を摂り過ぎているためにオメガ3系必須脂肪酸の摂取量バランスが崩れてしまって、体内の免疫バランスが崩れてアレルギー症状を引き起こしやすくなると言われているので、そのような人のアレルギー症状は抑えられる可能性もあると言われております。

フラックスシード(亜麻仁)のオイルは駄目?

人によっては亜麻仁という言葉を聞いたら亜麻仁油を思いついた方もいると思います。これも、非常に健康に良いオイルとされており、ココナッツオイルと並んで非常に人気のある油となっているのですが、この亜麻仁油には弱点があります。それはとてつもなく酸化が早いので2週間程度で使い切らないと使えなくなるという点です。

しかも、この亜麻仁油は結構値段がはるので買って余ってしまうとショックが大きいのです。このように値段もあるのにすぐに使い切ることが大切という厄介な油となっているので、一部の方からは「健康には間違いなくいいけど使い勝手があまりよくない」という評価をもらってしまっているのです。

「最近話題のフラックスシード(亜麻仁)について詳しく解説!」のまとめ

フラックスシード(亜麻仁)はスーパーフードに数えられるのがよく分かる栄養素となっておりますが、油は使い切りが難しいので軽く炒めてから食用として用いるようにしてください。

ピックアップ記事

  1. バナジウム

カテゴリー

PAGE TOP