栄養素から探す

  • [監修済] アラキドン酸の不足と過剰摂取の関係

    バランスの良い食事をしている限りアラキドン酸不足にはならないと考えられています。しかしながら、最近ではアラキドン酸不足に悩まされるという例がしばしば聞かれるようになっています。この原因としては無理なダイエットが考えられます。食事の量を極端に減らすことが原因でアラキドン酸不足になっ…

  • [監修済] 効率のいい食品からのアラキドン酸の摂り方

    アラキドン酸は万能の働きをもっており、体全体の健康状態の改善と維持に大きな作用をもっています。摂りすぎは体にマイナスの効果をもたらしてしまうこともあるアラキドン酸ですので、過度の摂取を避けるためにも食品から自然な形でアラキドン酸を取るようにするのが一番安心・安全な方法といえます。…

  • [監修済] 万能薬としてのアラキドン酸の効能と働き

    病気になったらその部分に効く薬や健康食品を使うのが最良の方法と多くの人が考えていると思いますが、確かにそれぞれの臓器に効果的な薬を使っていくのは間違った方法ではありません。でも、効率的なことを考えるのであれば体全体の健康に効能を持った物質はあるといいと言えます。実は体全体の健康を…

  • [監修済] 身体づくりに有効な栄養素、HMBの摂取方法とは?

    HMBとは、必須アミノ酸であるロイシンの代謝物であり、筋肉の分解を防ぐ栄養素として着目されています。そのため、HMBは、筋肉を増強する効果や、筋肉を維持したまま体重を減らすことができる効果などが期待されており、新しいサプリメントとして注目されています。このようなHMBの効果や摂取…

  • [監修済] 効果的に筋肉をつけたい人に有効なHMBとは?

    プロテインやBCAAなど、筋肉によく効くという栄養素は数多くあります。そのなかで最近着目されているのがHMBです。アメリカなどでトレーニングサプリメントとして販売されており、筋肉トレーニングを始めた人や筋肉を増やしたい人に効果があります。比較的新しいサプリメントですが、これから筋…

  • [監修済] EMRとタンパク質、筋肉を作るのに必要な要素

    EMRとは、摂取することによって日常生活を送るだけで健康的な体になるという画期的な成分です。特にプロテインと並んで、筋肉を増やそうとしている人や筋肉を維持しようとしている人に役立ちます。EMRは、酵素処理したルチンのことであり、タンパク質の動きを高めてくれるという役割がありますの…

  • [監修済] 筋肉をつけたい人がとるべき栄養、プロテインとEMR

    筋肉をつけたいという人の多くが取り入れている物質がプロテインです。プロテインはproteinといって直訳すると「たんぱく質」になります。筋肉はたんぱく質がもととなってできているわけですから、筋肉をつけたい人には最適の栄養補助食品として広く取り入れられてきました。そして、最近発見さ…

  • [監修済] 必須アミノ酸EAAとBCAAの違いはどこにあるの?

    たんぱく質は、筋肉や骨をつくったり筋肉を維持するのに必要なものです。そのたんぱく質を校正しているものがアミノ酸です。いわば、アミノ酸はたんぱく質の集合体です。そのため、筋肉を維持したり、効率的に筋肉をつけるのならば、アミノ酸を摂取することが必要です。そのようなアミノ酸のなかには、…

  • [監修済] 効率的に筋肉をつける物質EAAとはどのようなものか

    引き締まった身体を手に入れるために、筋力トレーニングを行う人も少なくありません。ですが、サプリメントで必須アミノ酸を補うことで、筋力トレーニングの成果が飛躍的にアップすることが知られています。筋力トレーニングの生家を出すために取り入れたい栄養素はいくつかありますが、そのなかでEA…

  • [監修済] 薄毛や白髪を改善する!17型コラーゲンの摂取方法

    薄毛や白髪を改善する物質として注目されているのが、17型コラーゲンです。17型コラーゲンとは、幹細胞にあるたんぱく質の一種で、毛包幹細胞と色素幹細胞の動きを活性化する相互作用を促していると言われています。毛包幹細胞は新たな毛の発毛にかかわるものであり、色素幹細胞とは髪の毛の黒色に…

 ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌imp

記事の監修について

監修者:あるみまっく
経歴:国内大手メーカーの健康食品 (サプリメント)、医薬品開発研究員。開発研究員として15年以上の実績を持つ。尚、アロマテラピー検定1級の資格も所持。
幅広い天然成分等に関しての効能・薬効・活用方法について知識を有している。自身も様々なサプリメントを試用し、自分に合った最適な組み合わせサプリを探す日々をおくる健康マニア。

PR



海乳EX【定期ロングバージョンバナー】
ページ上部へ戻る